APAホテル事件から芋づる式「地面師村」100人の共犯者 – ニフティニュース

 迷宮入りと思われていた事件がついに全容解明へ向け動き出した。警視庁捜査2課は11月29日までに、大手ホテルチェーンを運営するアパグループの不動産会社アパから、東京・赤坂の土地売買を巡り約12億5000万円を騙し取ったとして、“地面師グループ”の主犯格の会社役員・宮田康徳(55)ら10人を、詐欺容疑などで再逮捕した。
 これにより、昨年発生した“新橋女性資産家失踪事件”、さらに、大手住宅メーカー・積水ハウスが約63億円を騙し取られた詐欺事件が、解決へ向け急展開の兆しを見せ始めているのだ。

 地面師グループとは、土地建物の持ち主の知らないうちに、本人になりすまして転売し、代金を騙し取る詐欺集団を言う。
 「この手の被害は、問い詰められたとしても“自分も被害者だ”と言われれば立件することが難しいとされる。グループは“地面師村”とも呼ばれ、めぼしい土地を探し出す者、書類を偽造する者、持ち主になりすます者など役割分担され、情報交換を含め100人を超える関係者が複雑に絡み合い、どこかで結びついているとされる。そのため、これまで起きた詐欺事件でも、地道にたどっていくと繋がっている可能性が高い。捜査関係者は、アパホテルの今回の再逮捕から、新橋と積水ハウスの件まで一挙解決に動き出しています」(全国紙社会部記者)

 アパホテルの件では、’13年6月頃、東京都港区赤坂2丁目に放置されていた駐車場約396平方メートルの土地を、宮田容疑者が千代田区の不動産業者K社に持ち掛けたことに始まる。
 「所有者はすでに死亡していたが、宮田容疑者は“この土地は兄弟(当時87歳と84歳)が所有しており、本人の承諾を得ている”と騙して、K社が仲介となりアパホテルが買い取ることが決定した。同年8月6日には、契約締結と同時に決済される運びとなり、正午にメガバンクの赤坂見附支店に宮田容疑者、なりすまし犯の兄弟、不動産業者、弁護士や司法書士らが一堂に会して売買が成立。登記申請が行われたのです」(捜査関係者)

 しかし売買成立の6日後、アパホテルに法務局から“契約した際に交わした書類は偽造”との連絡が入り、地面師グループに騙されていたことが発覚したのだ。
 その後、兄弟役のなりすまし犯は行方不明、宮田容疑者も海外へ逃亡したと見られていたが、今年2月、宮田容疑者が同様の手口で、神奈川県横浜市の不動産業者から7000万円を騙し取った疑いで逮捕された。
 「これによってアパホテルの件についても宮田容疑者の関与が明らかとなり、グループ一味の逮捕へとつながったのですが、10人のうち唯一、女だった容疑者Aが、兄弟のなりすまし役となった老人2人の世話役だったことも判明している。しかも、そのAが新橋(東京都港区)の件で犠牲となった資産家女性の高橋礼子さん(当時60)のなりすまし役だった可能性が高まっており、警察が追及中だというのです」(経済ジャーナリスト)

 その新橋の件では、東京五輪に向け再開発が進む新橋4、5丁目一帯に土地を所有していた大地主の高橋礼子さんが、昨年3月に失踪。その7カ月後、新橋内の自宅付近で白骨化した状態で発見されている。
 「高橋さんは失踪前、周囲に『土地なんか売っていない』と語っていたという。そのため事件に巻き込まれた可能性が高いとして捜査が進められていましたが、やはり高橋さんが所有していた時価6億9000万円の土地が、地面師グループによって売買されていたのです。警察ではいま、関係者にAの顔写真を見せて回り、確認を急いでいるとのことです」(前出・記者)

 さらにもう一つ、地面師グループの被害に遭い迷宮入りが囁かれていたのが、積水ハウスの件だ。
 同社は今年6月、不動産業者を介し、東京都品川区西五反田2丁目の約2000平方メートルの土地を買い取る契約をし、63億円を支払った。しかし、こちらも法務局に所有移転の登記を申請したところ、所有者提出の書類が偽造と判明したのだ。9月に警視庁が同社の告訴状を受理し、捜査に乗り出している。
 「同社が購入するはずだった土地は、JR山手線五反田駅近くの元旅館。実際の所有者である女性Nさんは、知らない間に本人確認用の印鑑登録証明書やパスポートが偽造されていた。ただし、今回のアパホテルの再逮捕者のつながりにより、代金を受け取ったNさんになりすましたと思われる女の身柄が、すでに確保されたという。今後、ここからさらに芋づる式で逮捕者が出る可能性は大です」(同)

 首都圏では土地価格の高騰が続く中、50件を超える地面師グループによる被害が、いまだ未解決のままだという。
 「犯罪に手を染める金儲け集団は、大概が最終的に金の取り分を巡って仲間割れを起こし、それが発端で尻尾を出す。積水ハウスの件でも、すでにグループが分裂したとの情報が入っている。アパホテルの件を機に、根こそぎ逮捕できる日は近いのではないか」(捜査関係者)

 高齢者をターゲットにした“地面師村”の壊滅に期待したい。

就活で一番大変だった&楽だった選考Top5! 内定した2018年卒就活生の本音は? – ニコニコニュース

来春卒業予定のみなさんのなかには、既に内定をもらって就職活動を終了させた人もいるでしょう。今就活を思い返してみて、一番「大変だったなぁ」と思うのはどんな選考段階ですか? 今回は既に内定を獲得した2018年卒業予定の就活生のみなさんに、今振り返って、就活で一番大変だったと思う選考段階&楽だった思う選考段階について聞いてみました。

■今振り返って、就活で一番大変だったと思う選考段階を教えてください。

就活を終えた内定者が今思う「対策不足だった」選考ランキング! 2位筆記試験

1位 エントリーシート 52人(25.0%)
2位 自己分析 42人(20.2%)
3位 一次面接 28人(13.5%)
4位 最終面接 26人(12.5%)
5位 グループワーク・グループディスカッション 22人(10.6%)

1位は、選考の第一段階である「エントリーシート」です。多くの企業にエントリーする場合には、内容を考えるのも大変ですよね。2位は、志望理由を作成するのに欠かせない「自己分析」。はじめて自分と向き合ったという人も多いのではないでしょうか。3位、4位には面接、5位にはGDがあげられました。いずれもプレゼン力や動じない力が求められますので大変だったのでしょう。

■文章が苦手な人はエントリーシートや自己分析に苦労

就活でエントリーシートが大変な理由はやはり「通らないと面接に行けないため(男性/21歳/大学4年生)」です。また、「エントリーシートが会社ごとに内容が異なって、すべて考え直すのが大変だった(女性/24歳/大学院生)」というコメントも多かったです。文章を正しく書くことや、構成を考えることに苦労を感じていました。自己分析は、「就活以外で自分のことを考えたことがなかった(女性/25歳/大学4年生)」ために難しかったようです。

また、自己分析はエントリーシート作成にも欠かせません。「自己分析ができていなくてエントリーシートや履歴書を書くのに手間がかかった(女性/22歳/大学4年生)」というほか、面接でもしっかりとした受け答えができなくなってしまいますので、時間をかけた人も多かったのではないでしょうか。

内定獲得は簡単ではなく苦労する局面の多い就活ですが、逆に楽だったと思える選考にはどのようなものがあるのでしょうか?

■今振り返って、就活で一番楽だったと思う選考段階を教えてください。

1位 筆記試験・WEBテスト 59人(28.4%)
2位 グループワーク・グループディスカッション 32人(15.4%)
3位 企業・業界分析 31人(14.9%)
4位 一次面接 29人(13.9%)
5位 最終面接 26人(12.5%)

1位には「筆記試験・WEBテスト」、2位は「グループワーク・グループディスカッション」が挙げられました。筆記はある程度対策ができますし、GDは対策ができないだけに、自分自身の力で乗り切ることができるので、楽だったと感じられたのでしょう。3位は「企業・業界分析」、4位、5位にはそれぞれ面接がランクインしています。

■筆記試験やグループディスカッションはさほど難しくない?

筆記試験が楽に感じられたのは「勉強時間に比例して実力がついたから(男性/22歳/大学4年生)」と一定の対策を行っておけば問題なく通過できることにあるでしょう。グループディスカッションは難しそうにも思えますが、「普段からゼミで同じようなことを実践していたため、落ち着いて話すことができた(女性/25歳/大学4年生)」と、普段から行っている人は簡単だったようです。また、「人と関わるのが好きだったので、初対面の人とも気軽に意見や考えをかわすことができた(女性/22歳/大学4年生)」など、話すことが好きな人にとっては本領が発揮できる機会だったのでしょう。

業界分析も、もともと好きで目指したい業界についてのことなので、楽しんで取り組めたようですね。「色々な業界の仕事を知り、人生の選択肢を考えることができたから楽しかった(女性/23歳/大学4年生)」と分析の面白さを感じている人が多くみられました。

今回のまとめ:就活はつらさもあるが成長ももたらしてくれる

ポイント1. 活で一番つらかった選考はエントリーシート
ポイント2. 

就活で一番楽だった選考は筆記試験・WEBテスト

就活はつらかったと感じている人が5割強であることが、今回のアンケート調査から分かりました。たくさんのエントリーシートの作成はもちろんですが、面接までこぎつけてもなかなか内定に結びつかないことで、つらさや焦りを感じた人も多かったようです。

しかし、就活を通じて新しい出会いや体験があったことや、学ぶことも多かったため、結果的には楽しかったと感じている人も4割強存在しています。就活は大変ですが、視点を変えれば自分自身と向き合い、自己を成長させるチャンスでもあることがわかります。

文・学生の窓口編集部

マイナビ学生の窓口調べ
調査期間:2017年11月
調査人数:就職活動を終えた2018卒の大学生男女208人

作家弁護士を懲戒処分、福岡 – ロイター

 福岡県弁護士会は12日、依頼者との間で契約書を作成せず、預かり金も返還しなかったとして、同会の保坂晃一弁護士(44)を業務停止1カ月の懲戒処分とした。保坂弁護士は「法坂一広」のペンネームで作家としても活動。小説「懲戒弁護士」(刊行時「弁護士探偵物語 天使の分け前」)で、2011年に宝島社主催の「このミステリーがすごい!」大賞を受賞したこともある。

 弁護士会によると、遺産相続を巡る相談を依頼者の男性から受け、13年に預かり金名目で500万円を受け取った。10~15年に男性との間で五つの契約を結んだが、契約書を作成せず、解消後も預かり金の返還に応じなかった。

【共同通信】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」

「イチ、ニ」受刑者の軍隊式行進は人権侵害 弁護士会 – 朝日新聞

 受刑者に「軍隊式」の行進をさせたのは人権侵害にあたるとして大阪弁護士会は12日、大阪刑務所に是正勧告を出した。同会によると2011年12月から12年8月、刑務官が移動中の受刑者に、腕や足を水平程度まで上げ「イチ、ニ」と声を出して行進するよう指導したといい「行き過ぎだ」としている。同刑務所は取材に「声をかけさせてはいるが大声は強要しておらず、極端に腕や足を上げさせてはいない」と答えた。

 このほか、視覚障害のある40代の男性受刑者がルーペの使用を認められなかった事例も、障害者差別解消法に反すると認定。大阪拘置所の死刑囚が、弁護士ら16人への信書送付を求めたが3人に対してしか許可されなかった事例でも改善を求めた。

ネットで巻き起こったリアルな「ロスジェネの逆襲」 – ニコニコニュース

(C)sunabesyou / Shutterstock
(C)Shutterstock

世の中の“人手不足”が話題だ。全国の小中学校での教員不足や、ファミリーレストランが24時間営業をやめるのも、もはや珍しくない。いまやサービス業にとどまらず、製造業やIT関連へも波及しているという。

そんななか、化学最大手『旭化成』の小堀秀毅社長の発言が、インターネットで波紋を広げている。

その発言は12月7日の朝日新聞のインタビューに答えたときのもので、内容は次の通りだ。

《当社では、30代後半から40代前半の層が薄くなっています。2000年前後に構造改革で採用を極端に減らしたためです。その世代が中間管理職として一番パワーをもたないといけない時代にさしかかってきました。キャリア採用もしていますが、なかなか人が集まりません。》

“中間世代”と言われる30~40代の従業員数が少ないという嘆きだった。これに対し、SNSなどに批判が殺到し、炎上している。

《加害者なのに被害者になりすますってかwww》
《何を今更…。あなた方が就職氷河期世代にした事を忘れたの?言っとくけど今後この世代が定年の時代になったら今以上に問題は山積しますよ。あっ、自己責任でしたっけ?ほんと怒りで震えるわ。》
《名指しされた世代にとっては、胸ぐらつかんで「どの口がいってんだよ!」と言ってやりたい。散々いらないって言われて、今さら足りない?仕事が出来ない?20年ほっぽらかしておいて、よく言うなぁ?》
《旭化成社長が言質とられる発言したから槍玉にあがっているだけであって、同じような考えの経営者は多いと思っている。でも記事として書かれたことで「棄てられたような感覚を必死で抑えている」氷河期世代の怒りに火をつけた。》

特に、この2000年前後に新卒の就職活動が直撃した世代と思われる人からの反発が多い。

《炎上してる某企業の社長は、自分自身が企業なり社会に関わって来た、その責任はあると言う自覚の無さに原因がある。悪いことは誰かのせい。自分は関係ないという無責任体質。そういう人間がトップというのが今の日本の大問題。》
《旭化成社長の「40代前半の層が薄い」発言、この人の年代みればいかにも言いそうなことで、別に自分たちが切った訳じゃなく、上の世代がやったことだからっていう他人事なんだよね。実際に切った人たちはこんな言い方しない。》

このように、旭化成社長の自覚の薄さに対する反発や、《この社長さん何歳だろうとググったら現在62歳。「2000年前後に構造改革で採用を極端に減らしたためです」と仰る2000年は45歳。まさに会社の中核。なんで他人事のように…》と社長の経歴まで調べる人まで出てきている。

ネットで巻き起こったリアルな「ロスジェネの逆襲」

簡単に消えることのない「恨み」

現在の30代から40代前半の世代は、“ロスジェネ”と呼ばれて就職活動で苦労をしてきた世代だ。新卒学生の就職率が6割を切り、東京大学や京都大学、早稲田大や慶応大といった一流大学と呼ばれる大学を卒業してもフリーターやニートになっている人は珍しくない。

だが、経営者側からみれば当時はバブル崩壊、アジア金融危機、小泉改革による格差社会、リーマンショックと採用を絞らないと会社自体がつぶれてしまうという危機もあったという理由もあるだろう。しかし、次のような意見もある。

《旭化成の寝言に関して。氷河期ど真ん中世代の1人として言っておくと、火をつけるだけがテロではないよ。今後、親の世代が介護老人になっても相手しない(そんな余裕ない)し、社会参加を頼まれてもお断りする。絶縁してきたのはそっちだからね。都合よく仲直りできるなんて思わないでほしい。》

このように、社会と断絶されたのだという“恨み”に近い思いは簡単には消えないようだ。

大ヒットしたドラマ『半沢直樹』の原作小説シリーズには『ロスジェネの逆襲』というのがある。まさに、これからこの逆襲が始まろうとしているようだ。

(C)Shutterstock

子会社の吸収で多額のデリバティブ損失を内包、(株)ホリシン(新潟)が民事再生(東京商工リサーチ)

 (株)ホリシン(TSR企業コード:200233092、法人番号:9110001016257、西蒲原郡弥彦村大戸737-7、設立平成8年7月、資本金1000万円、代表取締役:堀内哲雄氏)は12月12日、新潟地裁に民事再生法の適用を申請し同日、保全命令を受けた。申請代理人は今井慶貴弁護士ほか1名(弁護士法人新潟第一法律事務所、新潟市中央区新光町10-2、電話025-280-0865)。監督委員には堀田伸吾弁護士(新潟みなと法律事務所、新潟市中央区西堀前通一番町703、電話025-225-7220)が選任された。
 負債総額は約14億9000万円。

 圧力鍋やフライパン、ケトル等の家庭用調理用品をはじめ日用雑貨品を扱い、ホームセンターやギフト卸売業者を主な販売先として営業を展開。ピーク時の平成12年10月期には売上高18億6688万円を計上していた。中国からの仕入を得意としていたが、22年以降の歴史的な円高により、貿易子会社の(株)ウチホリ(TSR企業コード:200313584、新潟市)で多額のデリバティブ損失が発生。
 26年3月にウチホリを吸収合併し、デリバティブ関連の金融債務も継承したため、多額の金融債務を抱える事態となった。また、近年は販売不振により売上確保に苦しみ、28年10月期の売上高は5億1600万円にまで減少。その後も状況は好転せず、今回の措置となった。
 なお、12月18日午後1時30分より、アートホテル新潟駅前(新潟市)で債権者説明会を開催予定。

東京商工リサーチ

2018年2月15日(木)、出版記念講演会『新卒採用力が会社の未来を決める!』開催 – 財経新聞

2018年2月15日(木)、出版記念講演会『新卒採用力が会社の未来を決める!』開催

2018年2月15日(木)、出版記念講演会『新卒採用力が会社の未来を決める!』開催

今まで門外不出だった武蔵野の新卒採用のノウハウを公開します。講演会では、会社を成長させるための、武蔵野の新卒採用の戦略をご紹介します。

700社以上の中小企業向けの経営サポート事業などを展開している株式会社武蔵野(本社:東京都小金井市、以下 武蔵野)の代表取締役社長・小山昇(こやま のぼる)の最新著書『新卒採用力が会社の未来を決める!』が、10月16日(月)に株式会社マネジメント社より発売されました。これを記念して、2018年2月15日(木)に出版記念講演会『新卒採用力が会社の未来を決める!』を開催します。

▼ 「小山 昇」 書籍・情報ポータルサイト: http://koyama-book.jp/

■新卒採用をすると業績が伸び、組織は変わる。

新卒社員は「何にも染まっていない」ので、自社の文化や価値観、仕事のやり方を速やかに体得させることができます。

中小企業は、一体感とスピードで仕事に当たれるかどうかが業績を大きく左右するのです。

それに加えて、新卒社員の存在は先輩社員のやる気とポテンシャルを引き出すいい影響を与えます。

採用活動では、「自社で働いてほしい人材」をふるいにかけて残します。

武蔵野では、学力の高い人より価値観を共有できる人を採用します。

そして、内定期間中は攻めのフォローアップで内定辞退を回避し、「内定辞退者ゼロ」につなげております。

講演会では、会社を成長させるための、武蔵野の「新卒採用の戦略」をご紹介します。

■これまで約5万人が参加! 武蔵野の「現地見学会」

「現地見学会」とは、企業経営者向けに代表取締役社長の小山昇が生み出した武蔵野の社内を見学・体感できる参加型のセミナーです。

実際に働いているパートや社員から武蔵野の仕組みを聞くことはもちろん、現場を見ることで環境整備を学ぶことができます。

パートの本音が聞ける機会でもございますので、ぜひたくさんご質問下さい。

現実、現場、現物を見て儲かる会社の仕組みが体感できるセミナーです。

▼お申込み・紹介ページURL: http://www.m-keiei.jp/kankyouseibi/

◇株式会社武蔵野 代表取締役社長 小山 昇 最新書籍『新卒採用力が会社の未来を決める!』概要

まえがき

第1章 新卒採用をしない会社は必ず衰退する

第2章 戦略なくして就活生は集まらない

第3章 「自社で働いてほしい人材」をふるいにかけて残す

第4章 二次面接は経営者の腕の見せどころ

第5章 攻めのフォローアップで内定辞退を回避する

あとがき

価格:1,500円 (本体価格)

体栽:新書、229ページ

出版社:株式会社マネジメント社

発売日:2017年10月16日(月)

紹介ページURL:http://koyama-book.jp/

アマゾンベストセラー第1位 総合(和書) (10/16~10/17)

全国主要書店 ビジネス書・経営書部門 第1位

・紀伊國屋書店全店 経営書部門 月間(9/19~10/18)

・丸善丸の内本店(10/12~10/18)

・ブックファースト新宿店(10/8~10/14)

・三省堂書店名古屋本店(10/8~10/14)

・啓文堂書店渋谷店(10/8~10/14)

・八重洲ブックセンター(10/8~10/14)

<小山 昇 (こやま のぼる) プロフィール>

株式会社武蔵野 代表取締役社長。1948年、山梨県生まれ。東京経済大学卒業後、日本サービスマーチャンダイザー株式会社(現在の株式会社武蔵野)に入社。 1977年に株式会社ベリーを設立し社長に就任、1989年に現職に就任。1990年、株式会社ダスキンの顧問に就任。1992年、同社顧問を退任。現在に至る。

中小企業経営者向けセミナー『実践経営塾』や企業幹部向けセミナー『実践幹部塾』など全国で年間240回以上のセミナーを行なっている。

【主な著書】

『絶対会社を潰さない社長の口ぐせ』(株式会社KADOKAWA)

『実践図鑑 成果を上げながら「残業ゼロ」で帰れるチームのつくり方』(宝島社)

『儲かりたいならパート社員を武器にしなさい』(KKベストセラーズ)

『小さな会社の儲かる整頓』(日経BP社)

『超速仕事術』(PHPビジネス新書)   

『残業ゼロがすべてを解決する~ダラダラ社員がキビキビ動く9のコツ~』(ダイヤモンド社)

『IT心理学~ブラック企業を脱却し、ホワイト企業になるまでの55の心得』(プレジデント社)

『5千人の社長がすでに始めているテキトー経営』(パブラボ)

『儲ける社長の人事評価ルールの作り方』(株式会社KADOKAWA)

『1日36万円の銀行とお金の話‐三流が一流に変わる40の心得-』(ダイヤモンド社)

『99%の社長が知らない銀行とお金の話』(あさ出版)

『儲ける社長のPDCAのまわし方』(株式会社KADOKAWA)

『小山昇の失敗は蜜の味-デキる社長の失敗術-』(日経BP社)

『右肩下がりの時代にわが社だけ「右肩上がり」を達成する方法』(株式会社KADOKAWA)

『【決定版】朝一番の掃除で、あなたの会社が儲かる!』(ダイヤモンド社)

『儲かりたければ女性の力を借りなさい』(商業界)

『強い会社はどんな営業をやっているのか?』(あさ出版)

『絶対に会社を潰さない社長の時間術』(プレジデント社)

『儲かる「仕組み」作りは…「やらないこと」から決めなさい!』(PHP研究所)

『増補改訂版 仕事ができる人の心得』(CCCメディアハウス)

【株式会社武蔵野について】

本社:〒184-0011 東京都小金井市東町4-33-8

代表者:代表取締役社長 小山 昇

設立:1964年

電話番号:042-383-6340 (代表)

URL:http://www.musashino.co.jp

事業内容:

1.【地域密着事業(ダスキン事業)】

○クリーンサービス・ケア事業部

武蔵野地域を中心とした、オフィス/店舗/家庭の環境向上を目的としたレンタル商品の取り扱い、環境クリーニングサービス、各種飲料のお届け

○ホームインステッド事業部

24時間ご利用いただけるダスキンのシニアケアサービス

2.【広域事業】

〇インターネット事業部

3.【経営支援事業】

○経営サポート事業本部

増収の記録を更新し続けている企業・武蔵野を「生きた経営のショールーム」として現場を公開

他社にはない、「見る・学ぶ・体験する・共有する」実践型プログラムを提供

実践的な経営塾、幹部塾、社員塾なども開催

〇ビジネスマッチング事業部

〇セミナー事業部

提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ