西室泰三氏死去 81歳 東芝・日本郵政社長を歴任



 東芝や日本郵政の社長を歴任した西室泰三(にしむろ・たいぞう)氏が18日までに死去した。81歳。山梨県出身。死亡日時や死因、葬儀・告別式の予定など詳細は明らかになっていない。

 慶大経済学部を卒業後、昭和36年に東京芝浦電気(現東芝)入社。米国事業などで実績を挙げ、平成8年に社長に就任。カンパニー制や執行役員制導入の改革を進めた。半導体部門の不振や家電不況を受け、不採算部門の売却などリストラ策も断行した。

 東芝会長を務めた後、東京証券取引所会長に就任。証券会社による誤発注事件では、退任した社長に代わって事後処理に奔走した。18年のライブドア事件の際には、全銘柄取引停止という異例の措置で対応に当たった。

 財務省の財政制度等審議会会長や、戦後70年談話に関する有識者会議「21世紀構想懇談会」座長など、政府の仕事も精力的にこなした。

 郵政民営化後の24年には政府の郵政民営化委員長となり、25年には日本郵政社長に就任。27年11月にはグループ3社の上場を果たした。その後、体調を崩して入院したことに伴い、28年に社長を退いた。

 東芝が不正会計問題で経営体制を一新したことを受け、西室氏も相談役を辞めていた。



【評伝】西室泰三氏死去 「命懸け」経営、時代とずれも


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す