東芝元社長、西室泰三氏が死去 日本郵政社長も歴任 – 日本経済新聞



 東芝元社長で日本郵政の社長や東京証券取引所の会長などを歴任した西室泰三(にしむろ・たいぞう)氏が18日までに死去していたことが分かった。81歳だった。東芝社長に1996年に就き、豊富な米国駐在の経験を持つ国際派として経営改革を進めた。経済人としての活動にも精力的に取り組み、経済政策の論客として知られた。

 山梨県出身。慶応大経済学部を卒業後の61年に東京芝浦電気(現東芝)に入社。社長就任後は、社内カンパニー制導入などの改革を進めた。2000年に会長に就任。05年に相談役に退いた後も、東芝の経営に大きな影響力を持った。

 05年、東証の会長に就任。当時、東証を揺るがした旧ジェイコム(現ライク)株の誤発注などシステム問題の収拾に当たった。

 政府の郵政民営化委員会の委員長を経て13年に日本郵政の社長となり、同社の東証1部上場を進めたほか、オーストラリアの物流大手、トール・ホールディングスの買収も主導した。体調不良を理由に16年、郵政社長を退任した。



 経済人としては、日本経済団体連合会副会長を務めたほか、戦後70年談話作成に向け、安倍晋三首相が設けた諮問機関の座長も務めた。


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す