トヨタ元社長の豊田達郎氏死去、米市場開拓に尽力 – 日本経済新聞



 トヨタ自動車元社長の豊田達郎(とよだ・たつろう)氏が2017年12月30日午後7時20分、肺炎のため東京都内の病院で死去した。88歳だった。連絡先は同社トヨタインスティテュート(元秘書部)。お別れの会を行うが日取りなどは未定。喪主は妻、絢子さん。

トヨタ自動車元社長の豊田達郎氏

 愛知県出身で、父はトヨタ創業者の豊田喜一郎氏、兄は名誉会長の章一郎氏。

 1953年に東大工学部を卒業し、トヨタ自動車販売(現トヨタ自動車)に入社した。84年には米ゼネラル・モーターズ(GM)と設立した合弁会社の初代社長に就任し、米国市場の開拓に尽力した。88年にトヨタ自動車副社長になった後、6代目社長の章一郎氏の後任として92~95年に社長を務めた。



 バブル経済の崩壊や円高の進行という厳しい経営環境に直面するなか、原価低減を積極的に推進した。高血圧症で長期入院を余儀なくされ、95年に社長を奥田碩氏に譲って副会長に就いた。92年に藍綬褒章、99年に勲一等瑞宝章を受章した。


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す