東芝問題、日米対話で協議 中台への技術流出を警戒 – 日本経済新聞



 米原子力子会社ウエスチングハウス(WH)の原発事業は米国のエネルギー政策にも密接に絡むため、日米両政府は事態の行方を注視している。米政府は安全保障上の観点から、東芝の半導体メモリー事業の売却先にも関心を示しており、両政府は原子力事業と合わせ、4月に都内で開く日米経済対話で協議するとみられる。



 ロイター通信によると、米政府高官はWHの米連邦破産法11条適用に関し、安全保障上の懸念を示した。WHは米…


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す