ホンダ 配達カブ4万台を無料改修



 ホンダの中国の合弁会社は9日、エンジン付近の部品が折れて走行不能になる恐れがあるとして、郵便や新聞、ピザ配達用の110ccスーパーカブ2車種計4万565台(平成24年6月~28年5月生産)の改善対策を国土交通省に届けた。無料で改修する。

 国交省によると、エンジン動力をタイヤに伝える金属製シャフトの製造時に、熱処理で亀裂が入ったものがあり、走行を続けると折れることがあるという。



 25年7月以降、タイヤが空回りしたり変速できなくなったりするトラブルが82件報告されているが、事故例はない。問い合わせはホンダお客様相談センター、電話(0120)086819。


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す