東証マザーズ(前引け)=マザーズ指数は反発、ケアネットが一時S高 – minkabu PRESS



 14日前引けの東証マザーズ指数は前日比3.06ポイント高の1134.67ポイントと反発。

 個別ではケアネット<2150.T>が一時ストップ高と値を飛ばした。アクトコール<6064.T>、中村超硬<6166.T>、アルファポリス<9467.T>など4銘柄は年初来高値を更新。ジーエヌアイグループ<2160.T>、ディー・ディー・エス<3782.T>、シグマクシス<6088.T>、マイネット<3928.T>、トラストホールディングス<3286.T>は値上がり率上位に買われた。

 一方、JIG-SAW<3914.T>、グローバルウェイ<3936.T>、ユーザーローカル<3984.T>、窪田製薬ホールディングス<4596.T>、JMC<5704.T>など9銘柄が年初来安値を更新。ビーロット<3452.T>、フリークアウト・ホールディングス<6094.T>、夢展望<3185.T>、オークファン<3674.T>、アトラエ<6194.T>は値下がり率上位に売られた。



出所:株探ニュース(株式会社みんかぶ)


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す