検察VS裁判所―登校中児童ら6人負傷の事故、2度も無罪の理由は – 産経ニュース



 登校中の小学生ら6人が車にはねられ負傷した事故がなぜ、無罪なのか-。大阪府豊中市で平成27年5月に6人が重軽傷を負った事故で自動車運転処罰法違反罪に問われた女性(52)に対し、大阪高裁は29年12月、無罪を言い渡した。1審大阪地裁に続く判断なのだが、2審が指摘したのは「(検察側が)適切に起訴内容を設定していれば有罪の可能性もあった」。有罪にならなかったのは検察側の手落ちというのだ。これに対し検察幹部は「裁判中に、裁判長から何らかの示唆があれば対応できた」と裁判所の“訴訟指揮”に疑問を投げかける。どちらが正論なのか。

事故に争いはないが…

 29年12月14日、大阪高裁。上下黒のスーツで法廷に現れた被告の女性に対し、増田耕児裁判長はこう告げた。

 「主文、本件控訴を棄却する」

 2審は、女性に無罪を宣告していた1審判決について裁判所の事実誤認があるとして、検察側が控訴したため開かれていた。検察側の控訴を棄却するのだから、女性は1審に続いて無罪ということだ。

 女性は検察官の横に座った被害者家族に深々と頭を下げ、何度も涙をぬぐった。だが、法廷はどことなく釈然としない雰囲気が漂っていた。小学生ら6人が負傷する事故は確かに起きていたのに、まったく罪に問われなくてもいいのだろうか-と。



続きを読む


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す