自宅が「農家専用」だった…京都・亀岡市長、法違反疑いで転居へ : 京都 … – 京都新聞



桂川孝裕市長
桂川孝裕市長

 京都府亀岡市の桂川孝裕市長は10日、市役所で記者会見し、曽我部町の自宅が農業従事者しか居住できない物件であることを明らかにした。都市計画法違反の疑いがあるとして、近く引っ越すとしている。

 桂川市長によると、自宅は市街化調整区域にあり、1998年に知人の農業従事者から購入したという。府によると、市街化調整区域内の農家の住宅は原則として農業従事者以外は住めないという。

 桂川市長は「農業従事者から購入することは問題ないと思っていたが、認識が甘かった」として謝罪し、4月から3カ月間、自らの給与を2分の1削減する考えを示した。開会中の3月市議会定例会に特別職の給与条例の改正案を提案する。

【 2017年03月10日 22時59分 】

関連記事     

ニュース写真

  • 桂川孝裕市長

京都新聞デジタル版のご案内

地域の政治・社会ニュース

全国の政治・社会ニュース


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す