田母神被告に懲役2年求刑 – テレビ東京



2014年の東京都知事選挙の後、運動員に報酬として現金を渡したとして公職選挙法違反の罪に問われている元航空幕僚長・田母神俊雄被告に対し検察側は、懲役2年を求刑しました。これまでの裁判で田母神被告は、無罪を主張していましたが、きょうの論告で検察側は、報酬額が高額で安易に買収に及んだ責任は重いとした上で報酬額を増額するなど積極的に関与しているなどと指摘しました。


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す