てるみくらぶの破産手続き決定 負債額150億円 顧客9万人に影響も



 東京地裁は27日、旅行会社てるみくらぶ(東京都渋谷区)の破産手続きの開始を決定した。代理人弁護士らによると、破産の影響は契約者数で3万6000人、計99億円。実際に影響を受ける顧客数は約9万人に上り、旅行が中止に追い込まれる恐れがある。負債額は計150億円だという。旅行者への弁済率は1%程度で、てるみくらぶは旅行代金の返金に関し日本旅行業協会と協議していく。

 人件費や広告費が増加する中、ハワイやグアムなどへの格安パッケージツアーを想定通りに販売できず、資金繰りが悪化した。円安で海外への外貨建て支払いが膨らみ、収支が悪化したことが追い打ちとなった。航空会社の業界団体である国際航空運送協会に対し、航空券を調達するために必要な約4億円の支払いを期日の3月23日にできなかったという。

 山田千賀子社長は27日、東京都内で記者会見し「多大なる迷惑をお掛けして申し訳ありません」と謝罪した。財務悪化の最大の要因は「一昨年春から新聞広告を打ち出して経費がかかりすぎた」と説明した。代理人は、旅行中の顧客が23日時点で約3000人いると明らかにした。

 観光庁は、26日時点でてるみくらぶのツアーを利用して海外に滞在している旅行客が約2500人いると明らかにした。発券済みの航空券は有効で、帰国できない懸念はないという。



 民間調査会社の東京商工リサーチによると、てるみくらぶは1998年に設立。2016年9月期の売上高は約195億円だった。


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す