UPDATE 1-中国・香港株式市場・引け=大幅続落、地政学リスクや利食いが圧迫 – ロイター



 (内容を追加しました) [上海 11日 ロイター] - 中国  終値 前日比 % 始値 高値 安値 上海総合指数<.SSE 3,208.5413 - 53.2081 - 1.63 3,237.9222 3,245.1163 3,200.7481 C> 前営業日終値 3,261.7494 CSI300指数< 3,647.959 - 67.962 - 1.83 3,687.931 3,700.494 3,645.095 .CSI300> 前営業日終値 3,715.921 香港  終値 前日比 % 始値 高値 安値 ハンセン指数<.HSI 26,883.51 - 560.49 - 2.04 27,000.43 27,184.21 26,863.71 > 前営業日終値 27,444.00 ハンセン中国株指 10,572.97 - 209.23 - 1.94 10,617.95 10,698.69 10,527.34 数 前営業日終値 10,782.20 中国株式市場は大幅続落して終了した。米国と北朝鮮の間で緊張が高まっていること
や、景気循環株に利益確定の売りが出たことが背景にある。 上海総合指数 終値は53.2081ポイント(1.63%)安の3208.
5413。1日の下げ幅としては今年最大となった。 上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数 は67.962ポイント(1.83%)安の3647.959で終了した。 7月初めから16%強上昇していた素材株指数は地政学リスクへの懸念
から投資家が利益確定に動き5.0%安となった。 厦門タングステンは10%下落した。ただ、7月初めからはなお40%
以上上昇している。江西銅業は9.5%安となった。 素材以外では前日に上場来高値をつけた高級酒メーカーの貴州茅台が反
落し1.5%安で引けた。同業の宜賓五糧液も2.8%安。 生活必需品株指数は9.5%下落した。 香港株も地政学リスクの高まりに加え、インターネット関連株などが売られ大幅安と
なった。 ハンセン指数 終値は560.49ポイント(2.04%)安の2万6883.
51。週間ベースでは2.5%安となり年初来最大の下げを記録した。 ハンセン中国企業株指数(H株指数)終値は209.23ポイント(1.9
4%)安の1万0572.97。 景気連動型消費財やハイテク株を中心に幅広い銘柄に売りが出た。 メイバンク・キム・エンのミッチェル・キム氏は世界的な株安について「米国と北朝
鮮を巡る地政学リスクが大きな要因だ。一巡してアジア市場へ戻ってきている」との見方
を示した。年初から相場は大幅に上昇し、いつ調整があってもおかしくない状態だったと
し、北朝鮮を巡る緊張の高まりは「完璧なタイミングだった」と述べた。 ネットサービス大手の騰訊控股(テンセント・ホールディングス)は4.
9%下落した。中国のインターネット規制当局が同社や微博(ウェイボー)、百度
(バイドゥ)などのコミュニティーサイトをサイバーセキュリティー関連法に違
反した疑いで調査しているとの報道が圧迫した。 吉利汽車は4.5%安で終了した。 (ロイターデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります) 


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です