「ニュートン」元社長起訴=出資法違反罪―山口地検 – エキサイトニュース



 元本を保証し利息を支払うと持ち掛け、定期購読者から1200万円を預かったとして、山口地検は10日、出資法違反罪で、科学雑誌「Newton(ニュートン)」を発行する「ニュートンプレス」(東京都渋谷区)の元社長高森圭介容疑者(77)を起訴した。地検は認否を明らかにしていない。

 起訴状などによると、高森容疑者は2015年2月〜16年3月、ニュートン定期購読者3人に元本保証と利息支払いを約束して不正に出資を募り、計1200万円をニュートンプレス名義の口座に振り込ませ預かったとされる。



 同社は今年2月、東京地裁に民事再生法の適用を申請し、手続き開始決定を受けた。 


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す