自動車ベア、前年並み焦点=電機労使、働き方で共同宣言-春闘最終盤 – 時事通信



春闘最終盤の交渉状況について記者会見する自動車総連の相原康伸会長=11日午後、東京都港区

 大手企業の2017年春闘は、15日の集中回答日に向け、最終盤に入った。基本給を底上げするベースアップ(ベア)は4年連続で実現する見通しだが、電機は前年の妥結実績を500円下回る月1000円で事実上決着した。春闘相場に大きな影響を与える自動車は前年並みを確保できるかどうかが焦点で、労使が着地点を探っている。
 など電機大手5社は11日、東京都内で産業別労使交渉を行い、「長時間労働の是正をはじめとする働き方改革は、電機産業労使で取り組むべき重要な課題だ」とする初めての共同宣言をまとめた。ベア3000円を統一要求している労働組合側は、ストライキを回避する最低回答基準を1000円とする方針で、経営側も受け入れる意向だ。
 電機の妥結額は2年続けて前年実績を割ることになる。5社の16年度業績は、会計基準の変更で比較できないを除く4社が営業減益の見通し。年度前半の円高による収益圧迫が響き、ベアの失速につながった形だ。
 自動車各社の組合は、前年と同じ3000円のベアをそろって要求している。では、経営側がベアを実施する方針を固めたが、水準をめぐって前年実績(1500円)は確保したい組合側との間に隔たりがある。(2017/03/11-21:23)


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す