【講師のホンネ】話してみるから話せるようになる 鈴木・マグラクレン・美保



 「成功したら幸せになれる」と思っても脳はいつまでも成功の向こう側にある幸せにたどり着けず、私たちの脳はそれとは逆に働く-と、研究者のショーン・エイカー氏は、TED『幸福と成功の意外な関係』で話している。幸せを感じるポジティブな脳により、創造性や生産性が高まり、その結果、より成功するようになるのだという。

 英語が話せるようになるまでの過程は、それと似ている。「英語が話せるようになったら、海外の人と話してみたい」という声をよく聞くが「話せるようになったら」と思いながらの英語学習は、なかなか続かないようだ。周りにいる英語が話せる人たちを見ていると、話せるようになってから話すのではなく、話してみるから話せるようになっていったという人が大半である。「でも英語を話す機会がない」という声も聞くが、海外からの観光客が年々増えている今、話す機会を作ろうと思えば作ることができる。

 先日、東京駅でのこと。海外からの観光客が、切符売り場の前で困っている様子だった。“May I help you?”と話しかけてみると、どの切符を買ったらいいのかわからないと言うので、一緒に案内所へ行った。そこで、旅行者用の地下鉄パスがあることを知り、買える場所までお連れした。米国から来た大学生とそのお母さん。親子水入らず世界中を旅しているのだそうだ。「本当に助かった。ありがとう」と言われて、私もうれしくなった。



心配をする前に、話しかけてみる


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です