【特別企画】中堅ビジネスマンによくある悩み、『心理学』を学んで解決できるかも?



会社に入ってそれなりの時がたち、仕事もバリバリこなせるようになった。部下もできて管理職への昇進も視野に入ってきた……一見すると順風満帆な会社員生活に思える毎日。とはいえ、嫌な上司への対応や新人とのコミュニケーション不足など、悩みが尽きることはありませんよね。

そうした悩みを解決できるかもしれないのが「心理学」です。実際に会社員にとってありがちなシチュエーションを心理学の考え方で解決してみましょう。

また記事の後半では、ビジネスマンが働きながらでも心理学を学びやすい学校として、「放送大学」をご紹介します。スキルを身に着けて、ステップアップのきっかけにしてみませんか?

超厳しい経理の方にお願いをしたい! どうすればうまくいく?

取引先の接待や部内の親睦会……この領収書、経費で落としたいんだけど、経理のAさんは厳しいことで有名だから……。
会社員としては”あるある”な悩み、どうすればいいのでしょう。

そんなときに役立つのが「返報性の原理」

相手から好意を受けた場合、人はそれ以上のお返しをしたくなるというものです。たとえばスーパーやデパ地下で試食すると、何となく「買おうかな」という気持ちになりますよね。これも返報性の原理をうまく利用しているのです。

ということで、超厳しい経理にお願いごとをしたいのであれば、普段から相手の頼みごとを受けてあげることが大事。そうすればきっと難しいお願いごとも聞き入れてもらえるはずです。

>>ビジネスマンが心理学を学ぶなら? 「放送大学」をオススメする3つの理由

会議で部長が鶴の一声! 話がおかしな方向に……

会議で新企画の打ち合わせ中、部長の鶴の一声で話が極端な方向に。いくらなんでもそれは無理でしょ……と思ったら、何となく全員納得した様子になってる!? いったいなぜ?

実はこの光景、心理学的に説明ができるケースなんです。まとまりが強く、外部の意見に対して閉鎖的な集団ほど、エラい人の意見がそのまま通ってしまいがち。仮に別の意見を持っている人がいても、集団の結束を乱すことを恐れて意見を控えてしまい、全員の意見が一致したような錯覚に陥ってしまうのです。

しかも、集団で意思決定を行うと「赤信号、皆で渡れば怖くない」の状態になり、より極端な案に偏りがちになってしまいます。これを心理学では「集団分極化」と呼びます。

重要なのは、あなたがこうした状況に巻き込まれたとき「今、心理学で学んだ状態になっているぞ!」と気付けること。そうすれば場の雰囲気に飲まれず、自分の意見を言いやすくなるでしょう。

>>ビジネスマンが心理学を学ぶなら? 「放送大学」をオススメする3つの理由

赤ちゃんとうまく遊ぶには……? こどもを知る「乳幼児心理学」

最後はプライベートで役立つ心理学についてご紹介しましょう。
知り合いの子どもと遊ぶ機会があったら、思い出してほしい心理学の知識が「乳幼児心理学」です。

もしも赤ちゃんと遊ぶ時、あなたならどんな模様のオモチャで遊びますか?

答えは、縞模様や水玉模様。乳幼児が喜ぶ模様がついたオモチャを選ぶとうまくあやすことができるのです。

赤ちゃんの視力は生後5、6ヶ月で0.2ほどしかなく、コントラストの感度も低いため、大人の1/100の視力しかありません。そのため、淡いパターンや薄い色使いよりも縞模様や水玉模様、光るものなどの方が赤ちゃんに注目されやすいのです。

乳幼児心理学では、このように乳幼児の視覚などの感覚や、こころの成長を学んでいきます。

子どもや赤ちゃんに好かれる男性は、女性からも「いいパパになれそう」と好印象を持たれるのだとか。赤ちゃんのいる先輩の家にお呼ばれした時に、乳幼児心理学をうまく活用して遊んだら女性の好感度もうなぎのぼりかも!

>>ビジネスマンが心理学を学ぶなら? 「放送大学」をオススメする3つの理由

ビジネスマンが「心理学」を学ぶなら、放送大学がおすすめ!

実際にありそうなシチュエーションと心理学の活用例をいくつかご紹介してきました。心理学はきちんと学べば、ビジネスやプライベートを強力にサポートしてくれるスキルとなります。
とはいえ、忙しいビジネスマンにはじっくり学ぶ時間もなかなか作れませんよね。

そこでおすすめしたいのが、放送大学で勉強すること。

放送大学とは、テレビやラジオ、インターネットを使って自宅で学習することができる大学です。また、全国の学習センターやサテライトスペースをキャンパスとして利用することもでき、講師との交流やサークル活動などのキャンパスライフも楽しめます。

そんな放送大学、ビジネスマンにとって学びやすい3つの理由をご紹介しましょう。

▼放送大学が学びやすい理由:1
インターネットで授業を見ることもできるから、自分の都合に合わせて学べる

仕事と両立したい方にもおすすめ。スマホで見ることもできます。

▼放送大学が学びやすい理由:2
1科目から学べて、受講料は半年間で1万1,000円から!

学びたい科目を集中して学ぶことができる上に、 受講料もこれくらいなら習い事感覚でも始められますよね。入学料も、半年間学ぶ場合は7,000円と気軽に始められる金額です。

▼放送大学が学びやすい理由:3
心理学だけでなく、英語や歴史、経済学、世界情勢etc…一般教養も学べる

社会人も中堅になってくると一般的な教養も身につけておきたいもの。興味のある科目を選んで、この機会に学んではいかがでしょうか。語学だけでも英語・フランス語・中国語・韓国語・ドイツ語・スペイン語・イタリア語と多彩にあります。

→もっと放送大学のことを知るなら?『放送大学で学ぶ6つの魅力』

放送大学は来年4月から開校となりますが、すでに資料請求が可能です。半年先を見据えつつ、まずは取り寄せた資料をじっくり読んでみてはいかがでしょうか。



放送大学の資料請求をしたい方は?

放送大学の開校は2018年4月からとなります。現在は、参考用として2017年度第2学期分の資料の送付を行っております。資料を請求して、まずは気になる科目をチェックしてみましょう。

>>

※ 2018年度第1学期(4月入学)の入学手続きにつきましては、次回の「学生募集要項」が必須となります。
※放送大学の応募フォームから参考用資料をお申し込みいただいた方には、12月上旬頃に、新しい学生募集要項を改めて再発送させていただきます。

[PR]提供:放送大学


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です