派遣社員の選考面接は禁止なのに掟破りが横行する理由 | トンデモ人事 … – ダイヤモンド・オンライン



「派遣社員の選考や面接をしてはならないが、会社見学と表現するならば、1回は実施してもよい…」。派遣社員就業には“掟”があり、掟破りの手口も横行している。しかしこの掟も掟破りも、そもそもトンデモな理由から生まれている。(モチベーションファクター株式会社代表取締役 山口博)

派遣就業を巡る“掟”を

あの手この手で破る

派遣社員就業では面接は禁止、というルールの裏をかいくぐるために存在するのが「職場見学」。しかし色々なルールがあるため、スケジュール調整に苦労する人事部は少なくない(写真はイメージです)

 派遣社員が就業したり、就業先企業が派遣社員を受け入れたりするにあたっては、トンデモな掟が存在している。「就業先企業は、どの派遣社員に就業してもらうかを選択することができず、従って、派遣社員の選考や面接をすることができない」というものだ。

 このように書くと、違和感を覚える読者が多いに違いない。「自分の会社では、選りすぐって派遣社員を採用している」「受付スタッフは派遣社員だが、明らかに選考しているはずだ」「先日、派遣社員の面接が行われていた」という反応が聞こえてくる。

「派遣社員の選考や面接をすることができない」という掟があるが、「選考や面接をしている」というのが実態である。そう、この掟には、さまざまな抜け道があるのだ。

 就業先企業は派遣社員の選考をすることができないので、派遣社員の履歴書を取り寄せて見ることができない。そのかわりに、「キャリアシート」という名の、派遣社員の氏名や年齢、学歴、過去に就業した企業などの詳細や固有名詞を伏せた資料が、派遣会社から就業先企業へ送付される。就業先企業の人事部は不便ではあるが、固有名詞が伏されたキャリアシートをもとに選考している。

 面接することができないので、「派遣社員の採用面接」という表現をすることができない。その代わりに、「派遣社員の職場見学」という表現が用いられる。

 選考や面接をすることができないので、職場見学(という名の面接)は、一度きりしか実施してはならない。例えば、派遣社員に社長秘書として働いてもらいたい場合、ボスになる社長と人事部長、そして候補の派遣社員の三者が、会えるようにスケジュール調整しなければならない。もしそれができなければ、事前に顔合わせすることがなく就業が開始されたり、逆に見合わせたりする。



 この職場面接のアレンジは結構面倒で、就業先企業の人事部はスケジュール調整に難儀しているものだ。


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す