冬は要注意! 仕事の場でのコート・ブーツのマナー



脱いだコートやブーツの扱いで、あなたの品格が試される!

寒い時期には、コートやブーツは手放せないですが、脱いだコートやブーツがあなたの品位を無言で物語っています。周囲の人に迷惑にならないよう、脱いだコートとブーツの扱い方をマスターして、品格ある人になりましょう。

社内でコートとブーツは迷惑になる?!

画像の代替テキスト
コートは建物に入る前に脱ぐのがマナー。レインコートも同様です

寒さを防いでくれたコートでも、暖かい室内では邪魔に感じることが多いものです。コートは外で着るものですから、本来は建物の中に入る前に脱いで、手に持って訪問するのがマナーです。

最近では、自宅や自社オフィスでは着たまま入ることが日常化しています。それならば、せめて脱いだコートの扱い方には気をつけないと、オフィスのようなパブリックスペースでは周囲の人の迷惑になってしまいます。

■会社で脱いだコートはロッカーやコート掛けに

ハンガーにかけて、ロッカーやコート掛けにしまいましょう。その時、両袖が裏返って内側に入ってしまってないように形を整えます。襟やポケットのふたも形を整えましょう。そのままにしておくと、着る時に襟やポケットのふたが浮いたようになったり、シワが残ってコートが痛んでしまいます。また、ポケットに入っているゴミもこの時に捨てておきましょう。

画像の代替テキスト
ズリ落ちと型崩れ防止のため、一番上のボタンと二番目の2箇所は締めましょう

■コートを掛けたら汚れや糸クズをチェック
黒や紺などのように、色の濃いコートはホコリや糸クズが着いていないかチェックします。白いコートはシミや口紅などがついていないか、襟元の汚れは大丈夫か、都度チェックしましょう。早く気付けばシミもとれやすいです。コートは重いのため、だらっとかけていると型崩れしやすいです。一番上のボタンを含めて、2ケ所くらいのボタンは締めておきましょう。

ロッカー・コート掛けがないオフィスは?

画像の代替テキスト
腰ベルトは脇ポケットに入れるのがマナーです。案外知らない方が多いようです

■コートかけがない場合 
コートは裏を出してたたみます。袖はひっくり返しません。身ごろの裏地を出すようにたたみましょう。書類などの上に放置するような置き方はやめて、机の下か座席の周囲に置き場を作ります。椅子の背に掛けておかなければならない時は、床につかないように気をつけましょう。



■コート掛けが共有ポールの場合

襟の中心でかけていると、外した時に掛けていた部分が変形してしまうことがあります。そうなったら、アイロンをかけないと直らない場合も。そこで、コートの襟に縫い付けてあるコートかけのリボンを使ってかけるようにしましょう。ついていない場合は、同色で見た目の良いリボンのような平たい紐を縫いつけておくと良いでしょう。


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す