就活で一番大変だった&楽だった選考Top5! 内定した2018年卒就活生の本音は? – ニコニコニュース



来春卒業予定のみなさんのなかには、既に内定をもらって就職活動を終了させた人もいるでしょう。今就活を思い返してみて、一番「大変だったなぁ」と思うのはどんな選考段階ですか? 今回は既に内定を獲得した2018年卒業予定の就活生のみなさんに、今振り返って、就活で一番大変だったと思う選考段階&楽だった思う選考段階について聞いてみました。

■今振り返って、就活で一番大変だったと思う選考段階を教えてください。

就活を終えた内定者が今思う「対策不足だった」選考ランキング! 2位筆記試験

1位 エントリーシート 52人(25.0%)
2位 自己分析 42人(20.2%)
3位 一次面接 28人(13.5%)
4位 最終面接 26人(12.5%)
5位 グループワーク・グループディスカッション 22人(10.6%)

1位は、選考の第一段階である「エントリーシート」です。多くの企業にエントリーする場合には、内容を考えるのも大変ですよね。2位は、志望理由を作成するのに欠かせない「自己分析」。はじめて自分と向き合ったという人も多いのではないでしょうか。3位、4位には面接、5位にはGDがあげられました。いずれもプレゼン力や動じない力が求められますので大変だったのでしょう。

■文章が苦手な人はエントリーシートや自己分析に苦労

就活でエントリーシートが大変な理由はやはり「通らないと面接に行けないため(男性/21歳/大学4年生)」です。また、「エントリーシートが会社ごとに内容が異なって、すべて考え直すのが大変だった(女性/24歳/大学院生)」というコメントも多かったです。文章を正しく書くことや、構成を考えることに苦労を感じていました。自己分析は、「就活以外で自分のことを考えたことがなかった(女性/25歳/大学4年生)」ために難しかったようです。

また、自己分析はエントリーシート作成にも欠かせません。「自己分析ができていなくてエントリーシートや履歴書を書くのに手間がかかった(女性/22歳/大学4年生)」というほか、面接でもしっかりとした受け答えができなくなってしまいますので、時間をかけた人も多かったのではないでしょうか。

内定獲得は簡単ではなく苦労する局面の多い就活ですが、逆に楽だったと思える選考にはどのようなものがあるのでしょうか?

■今振り返って、就活で一番楽だったと思う選考段階を教えてください。

1位 筆記試験・WEBテスト 59人(28.4%)
2位 グループワーク・グループディスカッション 32人(15.4%)
3位 企業・業界分析 31人(14.9%)
4位 一次面接 29人(13.9%)
5位 最終面接 26人(12.5%)

1位には「筆記試験・WEBテスト」、2位は「グループワーク・グループディスカッション」が挙げられました。筆記はある程度対策ができますし、GDは対策ができないだけに、自分自身の力で乗り切ることができるので、楽だったと感じられたのでしょう。3位は「企業・業界分析」、4位、5位にはそれぞれ面接がランクインしています。

■筆記試験やグループディスカッションはさほど難しくない?

筆記試験が楽に感じられたのは「勉強時間に比例して実力がついたから(男性/22歳/大学4年生)」と一定の対策を行っておけば問題なく通過できることにあるでしょう。グループディスカッションは難しそうにも思えますが、「普段からゼミで同じようなことを実践していたため、落ち着いて話すことができた(女性/25歳/大学4年生)」と、普段から行っている人は簡単だったようです。また、「人と関わるのが好きだったので、初対面の人とも気軽に意見や考えをかわすことができた(女性/22歳/大学4年生)」など、話すことが好きな人にとっては本領が発揮できる機会だったのでしょう。

業界分析も、もともと好きで目指したい業界についてのことなので、楽しんで取り組めたようですね。「色々な業界の仕事を知り、人生の選択肢を考えることができたから楽しかった(女性/23歳/大学4年生)」と分析の面白さを感じている人が多くみられました。

今回のまとめ:就活はつらさもあるが成長ももたらしてくれる

ポイント1. 活で一番つらかった選考はエントリーシート
ポイント2. 

就活で一番楽だった選考は筆記試験・WEBテスト

就活はつらかったと感じている人が5割強であることが、今回のアンケート調査から分かりました。たくさんのエントリーシートの作成はもちろんですが、面接までこぎつけてもなかなか内定に結びつかないことで、つらさや焦りを感じた人も多かったようです。

しかし、就活を通じて新しい出会いや体験があったことや、学ぶことも多かったため、結果的には楽しかったと感じている人も4割強存在しています。就活は大変ですが、視点を変えれば自分自身と向き合い、自己を成長させるチャンスでもあることがわかります。

文・学生の窓口編集部



マイナビ学生の窓口調べ
調査期間:2017年11月
調査人数:就職活動を終えた2018卒の大学生男女208人


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す