「IoT業界はどんどん進化中」、ソラコム玉川社長 – 日経テクノロジーオンライン



この記事は日経エレクトロニクス購読者/日経ものづくり購読者/日経Automotive購読者/日経テクノロジーオンライン有料会員限定ですが、
2017年10月13日までは特別に誰でも閲覧できるようにしています。

 ソラコム代表取締役社長の玉川 憲氏は2017年10月11日、東京ビッグサイトで行われている「ITpro EXPO 2017(FACTORY 2017 Fallと併催)」にて「IoT通信が拓く新大陸」と題した特別講演を行った。

(撮影:中村宏)

[画像のクリックで拡大表示]

 玉川氏は2年前のITpro EXPOで「SORACOM Air」のサービス発表をしたことに触れ、「2年間の間に10以上の新サービスと40以上の新機能を追加し、現在は顧客数が8000を超えた」と述べた。

 さらに、この2年間で「電気自動車や自動運転の取り組み」「AIスピーカーの発売」「シェアリングエコノミーの拡大」「クラウド活用の広がり」という世の中の動きがあり、「セキュアで柔軟にクラウドに連携できるIoT通信がますます求められている」(玉川氏)と説明した。



 ソラコムは2017年8月にKDDIが買収すると発表した。「これまで同様にブランドもサービスも継続し、よりイノベーティブなサービスを提供する」(玉川氏)という。そして、これまで顧客からよせられた要望と、追加されたサービスや機能についても言及した。

2年間で多かった要望TOP7を紹介するとともにサービスと採用事例について触れた

(撮影:林 修、以下同じ)

[画像のクリックで拡大表示]


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す