西室泰三氏死去 東芝、日本郵政社長を歴任 – 東京新聞



写真

 東芝や日本郵政で社長を務めた西室泰三(にしむろたいぞう)氏が死去したことが十八日、分かった。八十一歳。東芝の関係者が明らかにした。山梨県出身。死亡日時や死因など詳細は明らかになっていない。葬儀・告別式は近親者で行うとみられる。東芝は後日、お別れの会を開く見通しだ。 
 慶応大卒業後、一九六一年に東京芝浦電気(現東芝)に入社。九六年に社長に就任し、カンパニー制や執行役員制導入の改革を進めた。半導体部門の不振や家電不況を受け、不採算部門の売却などリストラ策も断行した。
 東芝の会長を務めた後、東京証券取引所の国際化などを進める対外的な顔として、東証会長に就任。システム障害やライブドア事件の対応に奔走した。財界活動にも尽力し、経団連では二〇〇一〜〇五年に副会長、〇六〜〇八年には評議員会議長を務めた。内閣府の地方分権改革推進会議議長も歴任。日本と中国の有識者でつくる「新日中友好二十一世紀委員会」の日本側座長を務めたほか、戦後七十年談話に関する有識者懇談会の座長として報告書を取りまとめた。
 一二年には政府の郵政民営化委員会委員長となり、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険が政府に認可申請した新規事業の是非も審議し、積極的に認める姿勢を示してきた。郵政業務に詳しいことから、一三年に日本郵政社長に就任、一五年十一月にグループ三社の上場を果たした。その後体調を崩して入院したことに伴い一六年に社長を退いた。東芝が不正会計問題で経営体制を一新したことを受け西室氏も相談役を辞めていた。

この記事を印刷する


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す