SAPジャパン、事業戦略の実行計画を支援する「SAP Integrated … – クラウド Watch



 SAPジャパン株式会社は27日、事業戦略の実行計画を支援する「SAP Integrated Business Planning」スイートに、機械学習と予測分析を導入すると発表した。

 SAP Integrated Business Planningは、販売事業計画や、需要の感知と予測、在庫と供給の最適化、例外に基づくレスポンス管理を支援するクラウドベースのソリューション。

 今回、新機能として、機械学習の技術、ソフトウェアアプリケーション、関連サービスのポートフォリオであるSAP Cleaを通じて、機械学習インテリジェンスを導入した。



 このほか、ABC/XYZセグメンテーションの改良、計画アルゴリズムの向上、設定可能な新しい分析/ダッシュボードアプリ、新しいサプライチェーンネットワークの可視化機能、製品ライフサイクル管理機能の強化などを実施。オムニチャネルによる補充や製品のセグメンテーションをよりきめ細かく行えるようになり、迅速かつ的確に需要と供給の変化に対応できるようになった。


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です