スシローGHDの水留浩一社長「食材にコスト、年35店を新規出店」 – 日本経済新聞



 回転ずし大手「あきんどスシロー」を運営するスシローグローバルホールディングスが30日、東証1部に株式を上場する。前身のあきんどスシローは2003年に東証へ上場後、MBO(経営陣が参加する買収)により09年、上場廃止となった。店舗網を広げ運営も効率化して再上場する。社長の水留浩一氏に成長戦略などを聞いた。

 ――上場廃止後、会社はどう変わりましたか。



 「上場廃止している間に、すしネタの質を消費者にア…


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です