関電、原発軸の経営戦略継続へ 費用増や訴訟リスクも – 日本経済新聞



 原子力規制委員会は16日、稼働から40年前後となる関西電力美浜原子力発電所3号機(福井県)の運転延長を認可した。関電は延長に必要な安全対策工事費を現時点で1650億円と見積もる。完了は2020年春以降で、実際に再稼働すれば月35億円の利益改善効果を見込む。原発軸の戦略を続ける考えだが、美浜3号機の工事費が膨らむ可能性があるなど、不透明な要素も多い。



 規制委が運転から40年前後となる老朽原発の運転…


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です