小田急のホテル戦略、切り口で勝負 – 日本経済新聞



 小田急電鉄がホテル事業の強化に乗り出した。地盤である東京・新宿や神奈川県の箱根町だけでなく沖縄など沿線外にも展開し、2021年3月期までに10店舗の新規出店を計画する。鉄道依存が強い同社にとり、ホテル事業は後発。競合他社とは一線を画す切り口でホテルをつくり、勝機を見いだす考えだ。



 JR京都駅から徒歩約10分。伝統的な住宅形式である「京町家」スタイルの建物がある。「ホテルカンラ京都」。小田急の子会…


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す