排せつ予測ロボットに助成金 – ロイター



 厚生労働省と経済産業省は12日、介護現場で使われるロボットやセンサーの開発支援の対象に、排せつを予測する機器や、高齢者とコミュニケーションを取るロボットを加えると発表した。選定した事業者に助成金を支給する。

 介護ロボットは、高齢者や家族、施設職員の負担を軽減する目的で開発が進んでおり、人手不足への対応も期待されている。これまでは、職員が装着して高齢者を抱えやすくするタイプや、高齢者が外出しやすい歩行器、ベッドから離れたことが分かる見守りセンサーなどが支援対象だった。



 今回、現場のニーズを踏まえて対象を拡大した。

【共同通信】


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す