インドの孤児や学校に行けない子供たち100人に 似顔絵を描いて恩返し … – PR TIMES (プレスリリース)



今長 学(Exist Japan株式会社代表取締役)とラクガキヤのマコ(似顔絵屋さん)は、インドの両親のいない子供達や学校に行けない子供達への社会貢献活動として、以下クラウドファンディングプロジェクトを開始させて頂きました。

もしこのプロジェクトが目標達成できれば、1月下旬から2月頭にかけて南インドケララ州にて子供達100人に似顔絵を描きに行きます。

また、インド現地で似顔絵を描いて喜んでくれた子供達の純粋な笑顔を動画に記録し、日本の皆様の心に届く動画作品を制作します。

その動画をYoutubeやSNS等で配信し、日本の皆さんに少しでも普段の生活の中に元気や勇気、気づきを感じてもらえたらと思っています。

■クラウドファンディングプロジェクトページ ▶ https://camp-fire.jp/projects/view/54158

南インドケララ州の孤児院の子供達と

【クラウドファンディング概要】 

■ 開催期間:12/1 (金)13:00〜12/24 (日)23:59

■ 内容:インド現地でインドの孤児や学校に行けない子供達の似顔絵100人制作とインドの子供達の笑顔動画の制作とネット配信

■ インド渡航予定時期:2018年1月下旬〜2月初旬

■ クラウドファンディング実施にいたった経緯

今長自身がインドに住んでいた時に、もともと持病のアトピー性皮膚炎が悪化。症状が全身に拡がり、動くこともできなくなった時、インドの伝承医学アーユルヴェーダに出会う。その後インド現地のアーユルヴェーダ病院に2週間入院。アーユルヴェーダの中のパンチャカルマという治療を行い、重度のアトピーが奇跡的に改善。当時動くこともままならなかった状態から生まれ変わったように回復できた事で、インドに何か恩返しがしたいとずっと思っていた。

一昨年の4月日本帰国後、似顔絵師マコと運命的な出会いを果たす。マコの似顔絵に感動し、マコの似顔絵でインドへ恩返しができないかと相談。マコ自身の「地球上すべてのひとを描くのだ!」という想いと共鳴しこのプロジェクトが現実化に。

■ プロジェクトページ ▶ https://camp-fire.jp/projects/view/54158

【24時間似顔絵を描くイベント開催!】

クラウドファンディング開催中の12/11(月)大分市王子町ふくろうの森ビルにて、当プロジェクトのPRイベントを開催。24時間似顔絵を描き続ける事に挑戦します。

ご来場頂いたお客様皆様に無料で似顔絵を進呈させて頂きます。またイベント当日は、カフェも24時間営業させて頂きます。クラウドファンディング目標100万円達成の為に全力で挑戦します!

<GIVE ME SMILEプロジェクト24時間チャレンジ!>

■開催日時: 12/11(月)12:11〜12/12(火)12:12

■場所:ふくろうの森ビル 大分市王子中町3番5号

■内容:ご来場者皆様似顔絵無料プレゼント

GIVE ME SMILE24時間チャレンジ運営メンバー

 

マコのラクガキッズプロジェクト

【今長 学について】

今長 学(Exist Japan株式会社代表取締役)34歳

2013年から2016年まで3年間、南インドケララ州にて現地IT企業に勤務。南インドで出会ったインドの人々の純粋な心に触れ価値観が大きく変わる。

帰国後、「仕事ができなくて困っている人々に仕事を創りたい」という想いから、Exist Japan株式会社を設立。

現在は障がい者の自立支援として、障がい者施設と一緒にオリジナルLINEスタンプ制作サービスHapi Sta!を運営。

Hapi Sta! ▶ https://line-stamp.jp/

Exist Japan株式会社 ▶ http://existjp.com/



【マコについて】

大澤 真琴(ラクガキヤのマコ)33歳

2010年にラクガキヤを屋号に 似顔絵屋さんをスタート。

地元大分から全国47都道府県へ 年間5000人を超える似顔絵をお届けし日々更新し続けている。

合言葉は「地球上すべてのひとを描くのだ!」 

幼稚園や保育園へボランティアでいくラクガキッズプロジェクトを自身の活動として進めている。

ラクガキヤ ▶ http://kzc-rakugakiya.com/


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す