小規模道路貨物業の4月売上DI、23.1P悪化 – LogisticsToday



調査・データ日本政策金融公庫総合研究所は23日、全国小企業月次動向調査(4月実績と5月見通し)の結果を発表した。運輸業は従業員数20人未満が調査対象。 全産業対象の4月の売上DIは、3月からマイナス幅が1.3ポイント縮小しマイナス9.8だった。5月はマイナス4.5とマイナス幅が縮小する見通し。



また、運輸業のうち道路貨物業の4月実績はマイナス8.2で、3月の14.9からマイナス23.1ポイントの大幅な悪化となった。5月は14.5で改善に転じる見込み。


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す