偏在解消に向け「自由開業制の制限」など議論 – 日経メディカル (登録)



 厚生労働省の「医療従事者の需給に関する検討会」の「医師需給分科会」(会長:長崎大学学長・片峰茂氏)は9月13日、医師の偏在是正対策のあり方について議論した。外来医療の提供体制のあり方をめぐっては、診療所の開設時に入院医療と同様に医療審議会での審議を要件とする意見が出た。

偏在解消に向け「自由開業制の制限」など議論の画像

ログインして全文を読む


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す