独立宣言しないよう要求 カタルーニャにEU大統領 – 東京新聞



 【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)のトゥスク大統領は10日、スペイン北東部カタルーニャ自治州の独立問題を巡り、プチデモン州首相に「(スペインの)憲法秩序を尊重し、対話を不可能にするような決定を発表しないでほしい」と呼び掛け、独立宣言をしないよう強く求めた。



 トゥスク氏は独立を宣言すれば対立につながり「カタルーニャ、スペイン、欧州全域にとって明らかに良くない結果をもたらす」と訴えた。


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です