18年秋、「日本橋高島屋SC」開業 近隣オフィス、居住者もターゲット – ニコニコニュース



日本橋高島屋S.C.外観イメージ(画像はニュースリリースから)
J-CAST会社ウォッチ

高島屋は、東京・日本橋に都市型ショッピングセンター「日本橋高島屋S.C.」を2018年9月に開業する。2017年10月10日に発表した。

再開発が進む日本橋2丁目で、「『美しい暮らしスタイル』を発信する店」をコンセプトに人々の暮らしに潤いと彩りを添えるという。

店舗面積6万6000平方メートル

「日本橋高島屋S.C.」は、百貨店建築では日本初の重要文化財である高島屋日本橋店を「本館」とし、中央通り側に「新館」、昭和通り側には2018年春に開業する「東館」、2015年に開業した「ウォッチメゾン」と合わせた4館で構成する。

店舗面積は、合計で約6万6000平方メートル。本館と新館および本館と東館は、それぞれ2本の連絡ブリッジと地下道で接続する。一般の利用客をはじめ、近隣商圏のオフィスワーカーや居住者、国内外の観光客をターゲットとする。



また、2019年春には約6000平方メートルの都内最大級の屋上庭園「日本橋グリーンテラス」が完成予定となっている。


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す