コメダ珈琲、江別に12月開店 道内では札幌以外で初:どうしん電子版 … – 北海道新聞



 【江別】コーヒーに無料で軽食がつく「モーニングサービス」で人気を集める「コメダ珈琲(コーヒー)店」が12月中旬、市内一番町30に開店する。事務用品販売の三好商会(札幌)がコメダ珈琲店を運営するコメダホールディングス(HD、名古屋市)と飲食店のフランチャイズ(FC)契約を結び、初出店する。道内では6店目の「コメダ珈琲店」で、札幌市以外では初の店舗となる。

 三好商会が出店する「コメダ珈琲店江別一番町店」は国道12号沿いに面し、「セブン―イレブン江別一番町店」と携帯電話販売店の「auショップ江別」店の間の土地に平屋建てを建設する。95席を設け、12月15日前後に開業する予定。営業時間は午前7時~午後11時で年中無休。



 同社は事業領域を拡大するため、2015年に飲食店事業に参入し、札幌市中央区円山で「神宮前茶寮こう」を運営する。三好康裕社長は江別一番町店について「3世代がゆっくりくつろげる店舗にしたい」と話し、正社員4人とアルバイト30~40人程度を新規に採用する計画。また、同店出店を足がかりに、今後コメダ珈琲店を札幌近郊で多店舗展開する考えという。


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です