ブロックチェーンアプリ版App Storeを目指すフランスのスタートアップ!iExecが創出する分散型市場とは – Techable



ブロックチェーンによる経済圏がさまざまな領域で構築されつつある。分散型クラウドプラットフォームを提供するiExecは、11月に開催されたイーサリアムのカンファレンス、Devcon3で、同社のプラットフォームにおけるソフトウェア開発キット(SDK)のリリースを発表した。

このサービスにより、ブロックチェーンアプリケーションは、堅牢かつスケーラブルなオフラインコンピューティングクラウドに、手軽にアクセスできるようになる。

iExecは、分散型アプリケーションのApp Storeとなることを目指している。同社の掲げるビジョンとはどういったものなのか。

・分散型アプリのエコシステム構築へ

iExecは今年4月に、サーバー、ストレージ、アプリケーション、データセットといったクラウドリソースを提供し、分散型市場を創出する計画を発表。きわめて順調に計画を遂行していて、プロジェクト開始から約半年という早い期間にiExec SDKのリリースに至ったことでその実現性が示された。

同社の計画がうまくいけば、開発者がブロックチェーン上でアプリケーションを提供し、これに対してユーザーからトークンを得るというエコシステムが出来上がる。

焦点が当てられる分野は、AI、ビッグデータ、IoT、フィンテック、およびグリーンITとなっているが、あらゆる分野のアプリケーションが、同プラットフォームでの開発によって強化されるだろう。すでに具体的な企業との提携も始まっているようだ。

・ブロックチェーンの制限から解放されたアプリを開発

ブロックチェーン上でのアプリケーションの処理では、常に処理能力の制限が課題となるが(スケーラビリティ問題)、スマートコントラクトをブロックチェーンに記録せずに実行する「オフチェーン処理」と呼ばれる技術がアプリケーションの可用性を拡大している。

iExec SDKを使用することで、開発者はストレージとコンピューティングパワーに関してブロックチェーンの制限から解放されて、複雑なアプリケーションの開発が可能になる。

iExecによる分散型アプリケーションのApp Storeは、開発者や新興企業に新たな機会を提供し、ブロックチェーン上のビジネスを促進するものになるだろう。

参照元:iExec Announces the Launch of its Decentralized Cloud at Devcon3/bitsonline


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す