エスキュービズム、新規上場を延期 – 日本経済新聞



 企業向けに電子商取引(EC)サイトの運営システムを開発するエスキュービズム(東京・港)は10日、22日に予定していた東証マザーズへの新規上場を延期すると発表した。「確認すべき事項が発生し、確認に時間がかかる」としている。主幹事はみずほ証券だった。東証は10日、エスキュービズムの上場承認を取り消すと発表した。承認後の上場延期は今年初となる。


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す