中小型株に2つの関門 権利落ち・IPOに不安 – 日本経済新聞



 10日の東京株式市場で日経ジャスダック平均株価は21日続伸した。市場エネルギーがいまひとつ盛り上がりに欠けるなか、値動きの軽い中小型株は資金の受け皿になっている。強気派は勢いを増すばかりだが、年度末に向けて2つの関門が控えている。



 「3月末にかけては不安要素がある」。著名個人投資家のかぶ1000さん(ハンドルネーム)は、騰勢を強める中小型株を横目に慎重姿勢を隠さない。弱気になったわけではないとし…


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す