走れ!「AIバス」 NTTドコモがベンチャーと共同開発 物流への活用も – 産経ニュース




 NTTドコモは9日、交通系ITベンチャーの未来シェア(北海道函館市)と、人工知能(AI)を活用した「AI運行バス」を共同開発すると発表した。AIが最適な運行時間やルートを割り出し、利用者は好きな場所で乗降できる仕組み。平成30年度中の実用化を目指す。

 大学発ベンチャーの未来シェアが持つ、最適なルートや必要な車両の数を割り出す配車システムを活用。携帯電話の情報などを使い、AIで人の動きを予測するドコモの技術と組み合わせ、ルートを柔軟に変更できるバスの運行システムを開発する。

 実用化すれば、スマートフォンなどで利用者が予約した場所や乗車時間、人数などのデータを使い、AIが最適な運行ルートを割り出す。予約情報は随時、車両に送られ、近接するルートを走るバスが予約場所に向かい、利用者は自由に乗り降りできるという。

 はこだて未来大副理事長の松原仁・未来シェア社長は「通常の路線バスのように乗客を乗せていない時に走る必要もなくなる。流しのタクシーのようなロスもない」と、AI運行バスの効率性を強調した。

 一般ドライバーが料金をとって、自家用車で利用客を送迎するライドシェア(相乗り)サービスは、道路運送法により規制されている。AI運行バスは地方自治体などとの連携により、現行制度でサービスが実施でき、規制緩和などは不要だという。



 ドコモの谷直樹IoTビジネス部長は、ドライバー不足が深刻化する物流業界への活用についても、「可能性の一つとして検討したい」と述べた。


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す