IoTでのハードウェアスタートアップを支援する「DMM.make AKIBA Open Challenge 2」募集開始 – fabcross




DMM.comは、ハードウェアスタートアップのためのモノづくり施設「DMM.make AKIBA」において、IoTプロトタイプのビジネス化に向けたブラッシュアップをサポートするプログラム「DMM.make AKIBA Open Challenge 2」の応募チーム募集を開始した。応募期間は3月6日から31日までだ。

同プログラムは、DMM.make AKIBAや、IoTに関する技術・ビジネスに精通した企業が、ビジネス化を目指したIoTプロトタイプのブラッシュアップを3カ月間サポートするもので、今回が第2回となる。前回は26チームが応募し、うち10チームが採択されている。

サポートの対象は、ビジネス化や起業を視野に入れた、趣味にとどまらないIoTプロダクトを開発するエンジニアやチーム。応募のあったチームの中から、プレゼンテーションやディスカッションを通じて採択チームを決定する。

サポート企業は、応募チームを審査して選考し、各社の特色を活かして技術面ビジネス面から3カ月間サポートする。現在決定しているサポート企業は「ニフティ」「オリックス」「and factory」などで、随時追加予定だという。

採択されたチームは3カ月間、現状のプロトタイプをビジネス化に向けて次の段階へレベルアップするため、企業や投資家などに対するプレゼンテーションやクラウドファンディングへの出品などの活動を行う。また、採択期間中である3カ月間はDMM.make AKIBAの利用費用の一部が免除される。

応募は募集ページからWebフォームで申し込む。事前審査の後、3月20日から4月7日のいずれかの日程に選考会を開催し、応募者がプレゼンテーションする。選考結果は、4月10日にメールで通知される。


関連情報

おすすめ記事

コメント


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す