国際大学GLOCOMが「スタートアップ×地方創生フォーラム」を開催 — 3月16日東京、3月17日南魚沼市で – 大学プレスセンター



国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)は、3月16日(木)に東京都港区、3月17日(金)に南魚沼市で「スタートアップ×地方創生フォーラム」を開催する。これは、同大が立地する新潟県南魚沼市との連携のもと実施されるもので、フォーラムでは、地方がスタートアップ企業を誘致し、育成するための必要条件や、地方に立地する企業のメリット等、スタートアップ企業の集積による地方創生の可能性について議論を行う。要申し込み、先着順。

 近年、情報技術を活用したスタートアップ企業の創業が盛んになりつつある。その背景として、情報技術の発展により、多彩なビジネスモデルの創出が可能になったことに加え、従来の産業と比較して創業のコストが低減し、少ない資金で事業を始めることが可能となったことが挙げられる。

 その一方で、情報技術を活用した事業には、場所の制約から比較的自由であるという特性がある。そのため、地方で創業したり、地方にサテライトオフィスを構える企業も出てきている。このような中、地域においてスタートアップ企業を育成したり、誘致することで、その地域の活性化を図る取り組みを行える可能性が出てきている。

 そこで国際大学では、同大が立地する、国際色豊かな学生が集まる新潟県南魚沼市との連携のもと、スタートアップ企業の集積による地方創生の可能性について議論を行うフォーラムを開催。地方がスタートアップ企業を誘致し、育成するためにはどのような条件が必要か。また、企業には地方に立地することで、どのようなメリットがあるのかについて、講演やパネルディスカッションを通して考察する。概要は以下の通り。

◆スタートアップ×地方創生フォーラム

【主 催】 国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)

【共 催】 国際大学(IUJ)/南魚沼市

【参加費】 無料、同時通訳付き

*東京セッション、南魚沼セッションはそれぞれ個別に参加可能

◆東京セッションプログラム「地方都市におけるITスタートアップ企業集積の可能性」

【日 時】 3月16日(木)16:00〜18:30

【会 場】 国際大学GLOCOMホール

 〒106-0032 東京都港区六本木6-15-21 ハークス六本木ビル2階(日比谷線六本木駅1C出口より徒歩8分)

 http://www.glocom.ac.jp/access/

【内 容】

・開会挨拶 林茂男(南魚沼市長)

・講演

 アダム・リンドマン(Mind Fund Groupパートナー/CEO)

 スティーブ・ライフ(独立コンサルタント)

 ジェイ・ラジェセケラ(国際大学教授)

・パネルディスカッション

 モデレーター: 高木総一郎(国際大学GLOCOM主幹研究員/准教授/研究部長)

・質疑応答

【定 員】 50名 先着順

◆南魚沼セッションプログラム「南魚沼市におけるIT産業誘致戦略」

【日 時】 3月17日(金)14:00〜16:00

【会 場】 国際大学(IUJ)松下図書・情報センターホール

 〒949-7277 新潟県南魚沼市国際町777番地(上越新幹線浦佐駅 東口より無料バスあり)

 http://www.iuj.ac.jp/jp/about/campus/

【内 容】

・講演

 アダム・リンドマン(Mind Fund Groupパートナー/CEO)

 スティーブ・ライフ(独立コンサルタント)

 ジェイ・ラジェセケラ(国際大学教授)

・パネルディスカッション

 モデレーター: 高木総一郎(国際大学GLOCOM主幹研究員/准教授/研究部長)

・質疑応答

【定 員】 20名 先着順

【お申し込み】

東京セッションプログラムはこちら: http://peatix.com/event/244522

南魚沼セッションプログラムはこちら: http://peatix.com/event/244557

▼本件に関するお問い合わせ先

 国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM) 担当: 安藤

 〒106-0032 東京都港区六本木6-15-21 ハークス六本木ビル2階

 電話: 03-5411-6677

 Email: info_is@glocom.ac.jp 

 http://www.glocom.ac.jp/



登壇者


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す