AMBITION—業績予想の上方修正を発表、M&Aにより2Q、4Q共に大幅 … – まぐまぐニュース!




AMBITION は13日、2018年6月期の第2四半期と通期の連結業績予想の上方修正を発表した。通期では、売上高が前回予想比46.2%増の220.70億円、営業利益が同55.9%増の5.05億円、経常利益が同36.6%増の4.10億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同36.7%増の2.28億円に修正している。

第2四半期累計では、売上高が前回予想比21.2%増の84.84億円、営業損失が0.53億円(前回予想は0.71億円の損失)、経常損失が0.83億円(同変わらず)親会社株主に帰属する四半期純損失が0.65億円(同変わらず)に修正している。

10月6日に実行したヴェリタス・インベストメントの完全子会社化に伴い、第2四半期より9ヵ月分の業績を反映したことから、前回予想を上回る見込みとなった。



また、子会社化により、のれん費用が発生する見込みであり、今回予想には一定の仮定の下でAMBITIONが算出したのれん償却費を営業費用として計上している。今期ののれん計上額及びのれんの償却期間については、監査法人の監査を受けておらず、まだ確定していないため、今後変更される可能性がある。


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す