香川学園、YIC学院が来春合併へ | 宇部日報社 このまちメディアWeb – 宇部日報



香川学園、YIC学院が来春合併へ | 宇部日報社 このまちメディアWeb

香川学園、YIC学院が来春合併へ

香川学園(相原次男理事長、宇部市文京台2丁目)とYIC学院(井本浩二理事長、山口市小郡黄金町)は27日、両学校法人の合併協議を始めたと発表した。来年4月の対等合併を目指す。18歳人口が減る中、経営資源を一体化し教育力の向上と財政基盤の強化を図る。新法人名は「香川YIC学園」(文京台2丁目)。合併により学生・園児数が2855人の県内最大の総合学園が誕生する。私立大と専修学校を持つ法人の合併は全国でも珍しい。

同日、宇部フロンティア大で両理事長が「法人合併の基本合意に関する覚書」を交わした。相原理事長は「知恵と力を合わせ新たな展開と成長を目指す」、井本理事長は「今まで以上に地域貢献ができると確信する」と述べた。

合併の意義について、スケールメリットを生かした安定経営が実現できるとした。学生側には、学士と各種職業の資格がスムーズに取得できる利点がある。また看護、介護、リハビリ、心理などの医療福祉分野で、研究と実務を一体化した教育が可能となる。幼稚園から高齢者施設まであらゆる世代を対象にした機能を持ち、総合的な地域教育サービスが提供できる。また多様化する学生のニーズに応えることで若者の県外流出に歯止めをかける。

香川学園は1903年創立。市内に宇部フロンティア大、大学院、短大部、香川高、付属中、同幼稚園、文京クリニック(診療内科)、宇部環境技術センターがあり、園児、生徒、学生の総数は1864人。YIC学院は1990年創立。宇部、山口、防府、周南、光の県内5市にリハビリテーション、看護福祉、キャリアデザイン、ビジネスアートなど7専門学校があり学生数は991人。この他、3老人ホーム、企業主導型保育事業所がある。また京都市に4専門学校、防府市に幼稚園があるが、合併には含まずグループ校として連携する。

合併後も当面、各学校名、教育方針、学費などは現行のままとする。今後、合併協議会を設置し7月末までに合併契約を締結。文部科学省に認可申請する。

村岡嗣政知事は「地域を支える人材育成や若者の県内就職促進につながると期待する」とコメントした。

【関連記事】

Related Posts


single


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です