トランプ政権下 大型M&Aしやすく? 共和、企業寄りの傾向 – 日本経済新聞



 米トランプ政権のもとで、巨大企業どうしの大型M&A(合併・買収)がしやすくなるのではないか――。M&Aや独占禁止法の専門家の間で、こんな観測が出ている。オバマ前政権が独禁法を厳格に運用し、相次いでM&Aを差し止めたのと対照的に、トランプ政権は企業寄りの政策を進めるとみているからだ。



 米国で独禁法を執行する司法省と米連邦取引委員会(FTC)の幹部はほとんどが政治任用だ。まだ7割近くが空席で、いまの…


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す