県警、4月2室新設 警察署再編推進室など 2017/3/11 14:02 – 徳島新聞




 徳島県警は4月1日、警務課内に警察署の再編などに取り組む警察署再編整備等総合計画推進室、公安課内にテロの未然防止を図る外事国際テロリズム対策室をそれぞれ新設する。両室に配置する人員は調整中。 総合計画推進室は、2018年4月に徳島北署と板野署、徳島西署と石井署、20年4月をめどに阿南署と那賀署を統合し、現行の13署を10署にする「警察署再編整備等総合計画」を実行に移すため、体制強化を図る。室長を警務課長、推進統括官を拠点整備課長が兼務する予定。



 外事国際テロリズム対策室は、20年の東京五輪を前に警察庁が全国的に国際テロ対策を強化する一環で設ける。民間事業者などと連携し、爆発物の原材料を集める動きがないかなどを情報収集し、テロの未然防止に努める。


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す