全鉄筋会長・内山聖氏が死去/職人の地位向上に尽力/後日、お別れの会 [2017年10月18日1面] – 日刊建設工業新聞社

全鉄筋会長・内山聖氏が死去/職人の地位向上に尽力/後日、お別れの会  [2017年10月18日1面]

内山氏

 全国鉄筋工事業協会(全鉄筋)の会長や建設産業専門団体連合会(建専連)副会長を務め、業界の発展や技能者の地位向上などに尽くした小黒組代表取締役会長の内山聖(うちやま・きよし)氏が13日、死去した。74歳だった。葬儀は近親者で済ませた。後日、「お別れの会」を開く。
 東京都出身。1965年に東洋大学社会学部を卒業し、71年に小黒組に入社。常務を経て93年4月に社長に就任。2010年2月まで務めた後、代表取締役会長に就任した。
 鉄筋業界にとどまらず専門工事業を中心に建設業界全体の発展や職人の地位向上などに尽力。業界団体の多くの要職を歴任した。全鉄筋では常任理事を経て07年5月に会長に就任。単価の改善や技能者の社会保険加入促進などの取り組みを業界のトップとして引っ張った。
 09年から技能者の育成施設「富士教育訓練センター」(静岡県富士宮市)を運営する全国建設産業教育訓練協会の副会長も務め、担い手の確保・育成に力を注いだ。10年から各職種の専門工事業団体で構成する建専連の副会長も務めていた。
 13年の日刊建設工業新聞のインタビューでは、「日本の鉄筋工の技術は世界でもトップクラス。それをどう継承し、生かしていくか、そうした将来戦略を検討していきたい。同時に、優れた技能を持ち、心配りのできる優秀な職人を育てたい」と話し、「全鉄筋は社会保険未加入問題にいち早く取り組んだ団体だと自負している」とも語っていた。
 10年に建設事業関係功労国土交通大臣表彰、11年に黄綬褒章を受章。
 ◇業界の大きな損失
 □才賀清二郎建専連会長の話□
 これからの建設業界を背負って立つ人材だと思っていただけに残念でならない。業界の発展のためにもっと一緒に仕事がしたかった。正直、力が抜ける思いだ。心よりご冥福をお祈りしたい。
 □毛利信二国土交通省事務次官□
 突然の訃報に接し、悲しみに堪えません。10年以上の長きにわたり、全鉄筋会長として、また建設産業専門団体連合会副会長をとして、専門工事業の健全な発展と職人の確保・育成に先頭に立って尽力してこられました。現職のまま74歳の若さで急逝されたことは、この業界にとって大きな損失と言わざるを得ません。心からご冥福をお祈り申し上げます。
 □内田俊一建設業振興基金理事長□
 あまりにも突然で言葉も出ません。全鉄筋の内山会長といえば、社会保険未加入問題に対し、才賀清二郎建専連会長と共に一歩も引かず、仁王立ちで取り組む決意を感じておりました。建設業振興基金の理事としても、積極的に、時に苦言も含めてご発言いただいたことに感謝しています。担い手確保が胸突き八丁の中での死去は残念でなりません。心からお悔やみ申し上げます。

チーム初のスーパーボウルに導いたブロンコスの元HC、レッド・ミラー氏が死去 – NFL日本公式サイト

デンバー・ブロンコスでヘッドコーチ(HC)を4年間務め、同チームを初のスーパーボウルへと導いたレッド・ミラー氏が現地27日(水)、89歳でこの世を去った。

2017年度ブロンコス・リング・オブ・フェイムを受賞したミラー氏は1977年にブロンコスのHCに就任し、その後は3度にわたってチームをポストシーズンへと進出させた。HCとして迎えた初年度からレギュラーシーズン12勝2敗という好成績を残したミラー氏はこの年にブロンコスを第12回スーパーボウルへと導いている。

ブロンコス球団社長兼CEOのジョー・エリスは声明の中で次のように語っている。

「ミラーさんのご家族、特別、彼の妻であるナンさんに深くお悔やみ申し上げたい。ミラーさんはブロンコスに関わる全ての人に愛された人物だった。彼はブロンコスにチャンピオンシップの伝統を築かせ、チームに最も大きなインパクトを残した。40年前、初のスーパーボウルへと導いたミラーさんを称えたい」

「ミラーさんにとってこのチームがどれだけ大切なものだったか、また、皆にとってミラーさんがどんなに大切な人物であったかはご存知の方が多いだろう。今年の5月、リング・オブ・フェイムの受賞連絡をした際には彼も大喜びしていた。それが突然、このような形で、ミラーさんが11月の受賞式典に参加できなくなるとは非常に悲しい」

ブロンコスは『Twitter(ツイッター)』上でもミラー氏の永眠を伝えた。

「今朝この世を去った元ヘッドコーチ(1977-1980)であり、2017度リング・オブ・フェイム受賞者であるレッド・ミラー氏のご家族、ご友人に追悼の意を表する」

ブロンコスでのミラー氏の偉業は同チームによって今年11月19日に称えられる予定で、彼の記念柱は同月17日にスポーツオーソリティ・フィールド・アット・マイルハイのリング・オブ・フェイムプラザにて公開される。同月19日に開催されるシンシナティ・ベンガルズ戦から。、彼の名前がリング・オブ・フェイムに刻まれることになる。

1977年から1980年までHCとしてブロンコスに従事したミラー氏は40勝22敗の戦績を残した。AFC(アメリカン・フットボール・カンファレンス)を制したミラー氏はHCの1年目から同年のNFL最優秀コーチ賞を獲得している。また、ミラー氏は1977年から1980年にかけ、相手チームに許した平均得点が15点以下の“オレンジ・クラッシュ”との異名を持つ超強力ディフェンス陣を率いたHCでもあった。

コロラド・スポーツ・ホール・オブ・フェイム(1988年度)のメンバーでもあるミラー氏は1963年から1965年までの間、オフェンシブライン(OL)コーチとしてもブロンコスに従事していた。

【S】

小池知事定例会見9月22日(全文1)早実の清宮くんプロ志望でエール – THE PAGE

 東京都の小池百合子知事が22日午後、都庁で定例会見を行った。豊洲市場移転後の築地再開発検討会議の委員顔ぶれの発表や、同じ日に行われた早実・清宮幸太郎選手のプロ志望表明会見を受けたコメントがあった。

「築地再開発」検討会議の委員顔ぶれ発表

[画像]会見する小池知事

日刊工業新聞:ただ今から知事の定例会見を始めます。では知事、お願いします。

小池:皆さま、こんにちは。それでは定例記者会見、9月22日を始めてまいります。まず何点か私のほうからご報告等がございますが、頭はメキシコの地震の被害についてでございます。まずは地震の被害に遭われて、お亡くなりになられました方々に心から哀悼の意を表させていただきます。それからご遺族の皆さまにもお悔やみを申し上げたく存じます。今も現地では懸命な救助活動が行われているということで、国際緊急援助隊、救助チーム、東京からも派遣をいたしました。その一員といたしまして、警視庁から14名、それから東京消防庁から6名、それぞれをメキシコに向けて派遣をしたところでございます。これから状況に応じて国などからの要請があれば、都としてもできる限りの支援を行っていくという考え方でございます。

 それから2つ目が、築地の再開発に関しての検討会議を設置することといたしました。築地の再開発につきましては、築地エリアが有しております食文化であるとか、浜離宮の景観や水辺の魅力。それから都心エリアに大変近いといったような点など、さまざまポテンシャルがございます。これらを生かして東京の魅力をさらに高めていくということが極めて重要と。その観点から検討会議を設けまして、そしてさまざまな分野でご活躍の方々から、まずは自由な発想で幅広いご意見をいただき、それをコンセプトのベースに持っていくという、そのような検討会議でございます。委員の皆さんでございますけれども、10名の有識者の方々にお声をかけてお願いをしたところでございます。

 まず建築科で再生建築の専門家の青木茂さん。それから都の顧問もお務めいただいております、宇田左近さん。それから全国調理師養成施設協会の大崎久美子さん。調理師学校の関係ですね。それから食文化という観点。それから都市計画、まちづくりの専門家である岸井隆幸さん。それから文化庁長官などを歴任されました近藤誠一さん。それから観光などでも大変、ご意見をいつも伺っているデービッド・アトキンソンさんにもお入りいただきます。それから都市デザイン、公共空間活用の専門家で出口敦さん。弁護士で松澤香さん。それから築地本願寺がありますね。築地市場のすぐそばに。この本願寺の代表役員の安永雄玄さんにもお入りいただくこととなっています。それから築地を愛してやまない、シャネルの代表取締役社長のリシャール・コラスさんにもご参加いただきます。

 で、日程でありますけれども、第1回の検討会議を10月12日、木曜日、開催いたしまして築地の魅力などなど、意見交換をまず行ってまいります。それから検討会議でいただくさまざまなご意見ですけれども、そのあと、来年5月ぐらいまで、会を設けますので、築地、まちづくりの大きな視点としてまとめていくということでございます。まず検討会議、いよいよ動き出すということでございます。

女社長、再び入院する「まさか私がおっぱいおっぱい言うようになるなんて…」 – ウートピ

女社長、形成手術を受ける

2017年6月6日(火)

今回は誰にも隠す必要が無いので、スケジュール調整もさくさくっと、過分なストレスなく入院日を迎えられた。ただ、入院を伝えると「すわ!再発なのか!」とあちこちで一瞬、心配をかけることとなってしまった。「今回は形成手術」というと皆安心してくれたのだが、小林麻央ちゃんのブログの影響で、今では多分全国民が、乳がんの転移やステージに詳しくなっている感がある。

何より、まだ若い彼女が闘病生活をブログで発表したことによって、幅広い世代の女性達が「乳がん」を自分事としてシュミレーションする機会になったはずだ。検査へも行く人も増えるだろうし、保険に入る人も多くなると思うので、乳がん患者以外の女性達にとっても、自分自身の体に向き合い、将来に備えるきっかけになったのではないだろうか? 備えあれば、罹患してしまった時(罹患しないのが一番良いのは当たり前として)に、選択肢が増えるし困窮しない事につながる。

元キャスターだし、有名家庭に嫁いだ身として、がんを公開することを私とは比べ物にならないほど迷われたと思うが、彼女の勇気ある発表によって乳がんの理解が広まり、早期発見できて命が助かる人もきっと増えるに違いない。

今回の形成手術は、右乳房のエキスパンダーを取り出してシリコンに変更するためのものだ。新たなギザギザ(傷)が増えるのではなく元の傷を活かして手術するとは言え、再び全身麻酔をするので検査も含め4泊5日の入院となる。相変わらず入院生活は苦手だが、前回の半分以下の期間だと思えば気も楽だ。

SNSに「おっぱい作ってまいります!」とアップすると、たくさんの友人達から「素敵なおっぱいになりますように!」とコメントをいただく。それにしても、ネット上で自分のおっぱいについて言及するようになり、「おばさんになったから」とはいえ、こんなにも「おっぱい、おっぱい」書いたり言ったりする日が来ようとは。人生はいとをかし。自分が未来において何をしでかすか解らないのだから。

(病室)

(病室)

(病室から見える景色)

(病室から見える景色)

夕方、シャワーを浴び終わると形成の先生がやってきた。
そして、マジックで私の体に謎の印をいっぱい書いていった。明日の手術で必要な印なのだろうが、鏡に映った私はまるでどこかの部族(戦士)みたいだ。これも面白いので写真を撮っておく。

(らくがき)

(らくがき)

明日は手術なので、今日は早めに寝ようと思う。
早くニューおっぱいと対面したいものだ。

6月7日(水)

朝から看護師さんに連れられて手術室へと向かう。前回はストレッチャーに乗っていたので手術室の中を観察できなかったが、今回は歩いていった為できる限りキョロキョロしてみる。分娩室とは違い、いろいろな器械があり全体的にはメタリック調でサイバー空間みたいだ。いろいろ質問してみたいが、皆さん忙しそうなので自重した。

この前と同じように名前を確認され、麻酔をかけられると、私はあっという間に眠りに落ちた。そして、手術が終わった後、先生に呼ばれてはっと目を覚ましたのだが、感覚としては2、3分だけ眠っていた感じだ。しかし時計を見ると1時間半が経っている。

このワープ感、全身麻酔恐るべしである。そのまま歩いて行けそうだったので看護師さんの手を借りて病室に戻ると、夫と次女が待っていた。次女の、今日買ってもらったというドラえもんTシャツに目が和む。手術中私は何をしていたわけでもないし、感覚としては2、3分の手術(誤解)だったので疲れは感じないが酸素マスクをしているし、多少フラフラするためベッドに横になった。

(酸素マスクをつけた女社長)

(酸素マスクをつけた女社長)

すると次女が、
「まま、みぎのおっぱいできたの?」
と、聞いてきたので、
「まだ見てないけどできたらしいよ。でも乳首はまだついてないよ。」
と、説明した。

「なんだー。はやくのみたいなー」
と、照れながら言う次女。もう5歳だから、ママのおっぱいをたまに吸っているのを家族にも(特にお姉ちゃんに)ひた隠しにしていたが、皆にばれてからはすっかり開き直っている。

そろそろ完全卒業して欲しいと思っているが、なんと言っても次女のこの癖(5歳の乳しゃぶり)によって私のがんは早期発見されたのだからある意味とても感謝しているのだ。何とか小学校入学までには止められるよう、しっかり導いていきたいものだが。

6月10日(土)

本日予定通り退院した。退院前日、傷口はまだ赤黒いが前回のような内出血も見られないので良好だと先生は言った。
私も触ってみたのだが、確かに岩のような硬さはないし、以前よりも左おっぱいに近しい形状になった。が、正直なところ手術前とあまり変わり映えがしない。

先生の説明によると、まだ皮膚が腫れていて馴染んでないので、将来的にはもっと柔らかくなるとの事だが、左おっぱいが45歳なら、右おっぱいは18歳ぐらいの張りだ。このジェネレーションギャップはいつか埋まるのだろうか?

自宅に戻り、長女と次女に触らせてみても「まだ硬いねー!」と言われる。果物か何かのように。
ま、乳首もこれから作っていくことだし気長に観察してゆこうと決め、私は3日ぶりのシャワーを堪能したのだった。

6月23日(金)

小林麻央さんが永眠。
お会いしたことは無かったけれど、同時期に同じ病を経験し、同じ子供を持つ母親として、勝手にシンパシーを感じていたことに今日気づいた。

小林麻央さんの生前のご功績を偲び、心よりお悔やみ申し上げます。

女社長、家族と過ごす

6月25日(日)

ばーばの誕生日祝いと私の快気祝いで妹夫婦が我が家へやってきた。
普段は葉山に住んでいるので、甥っ子たちは既に真っ黒。うちの長女以外は年齢が近いので、部屋の中が途端に保育園の様相になる。義弟がマイ包丁で魚をさばいて、美味しい料理をたくさん作ってくれた。81歳になったばーばもとても喜んでいた。

家族って不思議だ。
ばーばがじーじと結婚して私と妹が生まれ、それぞれに結婚して子供たちがいる。
そもそも、この子たちはどこから来たのだろうか? 産んでおいてなんだが、正直なところ私には解らない。

私や妹が独身だった頃、この子たちはどこにいたのだろうか?夫や義弟が他の女性と結婚していたらどうなっていたのだろうか?「人生はもしもあの時……」の繰り返しだと聞いたことがある。少しボタンを掛け違えるだけで私たちはすれ違い、全く違う人生を歩んでいたかもしれないのだ。

そう考えると、今のこの状態がまるで奇跡のように私の目に映る。

大騒ぎしている子供たちと夫たちが遊んでいる。

私や妹を産んでくれたばーばが笑っている。

私の大好きな妹が笑っている。

甥っ子たちが、義弟が、笑っている。

私を見つけ、10年ずっとそばに居てくれた夫が笑っている。

私を選んで生まれてきてくれた(本人達談)、二人の娘たちが笑っている。

縁あって家族になれた、私の大切な人達が笑っている。

ただそれだけで、胸が震える程幸せだということ。

「乳がんプロジェクト」はそれを私に教えてくれたのだ。

(女社長の家族)

(女社長の家族)

【お知らせ】
本連載の書籍化が決定!『我がおっぱいに未練なし』(大和書房)が9月23日に発売されます。

川崎貴子
1972年生まれ。埼玉県出身。1997年に働く女性をサポートするための人材コンサルティング会社(株)ジョヤンテを設立。女性に特化した人材紹介業、教育事業、女性活用コンサルティング事業を展開。女性誌での執筆活動や講演多数。著書に「結婚したい女子の為のハンティング・レッスン」「私たちが仕事を辞めてはいけない57の理由」「愛は技術 何度失敗しても女は幸せになれる。」「上司の頭はまる見え。」「モテと非モテの境界線」がある。株式会社ninoya取締役を兼任し、2016年11月より、共働き推奨の婚活サイト「キャリ婚」を立ち上げる。婚活結社「魔女のサバト」主宰。女性の裏と表を知り尽くし、フォローしてきた女性は1万人以上。「女性マネージメントのプロ」「黒魔女」の異名を取る。11歳と4歳の娘を持つワーキングマザーでもある。
・働く女性に、納得の出会いを~キャリ婚
・男性完全無料、男性会員募集中~キャリ婚

「ほっと電報」で共同通信社提供の訃報情報を掲載開始 – SankeiBiz

PSコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:春日 浩)が提供する電報サービス「ほっと電報」は、Web会員向けサービスの拡充として、共同通信社提供の訃報情報を会員ページ内に掲載するサービスを開始しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/135585/LL_img_135585_1.png
訃報情報ページ(PC版)

訃報情報ではお亡くなりになった故人のお名前のほか、葬儀・告別式の情報が掲載されますので、掲載情報を使用してお悔やみ電報(弔電)をお送りいただく事が可能となります。
Web会員(登録無料)の方であればマイページのメニューから無料でご覧いただく事が可能ですので、訃報情報を確認いただくページとして活用いただけます。

「ほっと電報」では今後も、お客さまのニーズにお応えできるよう、サービスの充実を目指してまいります。

■訃報情報 提供開始日
2017年9月5日(火)

■ご利用方法
ほっと電報Webサイトへのログイン後、マイページメニューのお申し込み情報管理「訃報情報」ページからご確認いただけます。

■ご利用料金
訃報情報ページの閲覧は無料でご利用いただけます。訃報情報を使用して電報をお申し込みの際には、通常通り電報利用料が発生します。

■「ほっと電報」について
ほっと電報は、ソフトバンクグループの電報サービスです。
・さまざまなお祝い用途で使える100種類以上の商品ラインナップをご用意しています。
・50種類の文字フォントと文字色・文字サイズでオリジナルメッセージを作れます。
・写真やイラストなどの画像を挿し込むこともできます。(有料)
・当日配送は最長17時まで受付可能です。(一部地域を除く)
・法人向け機能(管理機能、請求書支払い)もご用意しております。

URL: https://hot115.jp/

■電話でのお問い合わせは
0120-998-789 (通話料無料、年中無休:8時~22時)

■会社概要
会社名 : PSコミュニケーションズ株式会社
代表者名 : 代表取締役社長 春日 浩
本社所在地: 東京都港区東新橋一丁目9番2号
資本金 : 1億円
設立年月日: 2009年8月14日
URL : http://www.pscom.co.jp/

田山明氏死去(元アサヒビール副社長) – 時事通信

 田山 明氏(たやま・あきら=元アサヒビール副社長)3日、老衰のため死去、83歳。茨城県出身。葬儀は7日午前10時30分から東京都世田谷区瀬田3の6の8の公益社用賀会館で。喪主は次女奥山知子(おくやま・さとこ)さん。(2017/09/05-15:47)

【おくやみ記事一覧へ】 【アクセスランキング】