高校生のビジネスプランを募集!日本公庫の起業教育

 高校生の柔軟な発想から生まれるビジネスプランを募集

画像は公式サイトより

画像は公式サイトより

日本政策金融公庫(以下、日本公庫)が、全国の高校生を対象にしたビジネスプランコンテストである「創造力、無限大∞ 高校生ビジネスプラン・グランプリ」を開催。高校生ならではの創造性あふれるビジネスプランの募集を開始した。実社会で求められる「自ら考え、行動する力」を養うことのできる起業教育を推進することを目的とする同コンテストは、2017年で5回目の開催となる。

2017年7月3日(月)に応募エントリーを開始。エントリーシートの締め切りは2017年9月15日(金)までだ。その後、ビジネスプランシートの提出があり、書類選考を経てファイナリスト10組が決められ、2018年1月7日(日)に最終審査が開催される。

高校の授業ではなかなか受けられない学習を

高校生らしい発想で

 

ビジネスプランの作成やプレゼンテーションスキルを学ぶチャンスは、普段の高校生活では多いとは言えないだろう。同コンテストでは、ただビジネスプランを募るだけではなく、プランを作成し発表するうえで必要なスキルをレクチャーするオンライン講座や出張授業を行っている。

大規模公開オンライン講座MOOCが提供するウェブサイト「gacco」では、同コンテストの推奨講座を配信。オンライン講座「ビジネスプランをつくってみよう」にて、「売れる商品・売れるサービスとは何か」や「お金の出入りを管理する」などビジネスプラン作成に欠かせない基礎を動画で学ぶことができる。出張授業は希望する高校向けに無料で実施され、ビジネスプランの作成をサポートする。「ビジネスとは何か?」といった前提知識を始め、実際にビジネスアイデアを考えていく際のポイント・発想法などを説明したり、事例を用いて世の中のニーズを満たすアイデアが生まれるまでの流れを体感する授業内容となっている。

また、応募された全ビジネスプランに対し、評価点や今後の課題などのフィードバックコメントが返却される。学生のうちから、起業や世の中の仕組みに関心を持つきっかけができそうだ。

2016年に優勝したビジネスプランとは

2016年度の高校生ビジネスプラン・グランプリ(第4回)ではエントリー総数2662件、参加校数324校、参加生徒数7520名と、いずれも過去最多となった。

優勝を果たしたのは大阪府立三国丘高等学校のビジネスプラン「ビビック~安全な蚊よけ商品開発ブランド~」。フィリピンでは蚊が媒介するデング熱などの感染症が深刻な問題となっている。そこで、現地の材料を用いて、蚊が嫌がるにおいを発する植物であるレモングラスとシトロネラのオイルを使用した洗濯洗剤とブレスレットを製造。手洗いが一般的な現地の習慣を考えて、肌に優しい素材を採用した。生活に欠かせない家事が蚊除けになるという斬新なプランだ。このチームはフィリピンへのフィールドワークを通じて高校生が自ら問題の所在を発見し、仮説・効果検証を行ったうえで新商品を提案するというゼロからチャレンジする姿勢が評価され、グランプリを受賞した。

人々の生活や世の中の仕組みをより良いものに変える創造性や、地域の課題や環境問題などの社会的な課題を解決する発想が求められる「創造力、無限大∞ 高校生ビジネスプラン・グランプリ」。今年はどのようなプランが飛び出すのだろうか。

【応募方法】
2017年9月15日(金)までに専用エントリーページより応募登録。

詳しくは「創造力、無限大∞ 高校生ビジネスプラン・グランプリ」の応募ページより
https://www.jfc.go.jp/n/grandprix/guide_apply.html

【関連サイト】

計画的偶発性(プランドハップンスタンス)理論とは?

キャリア形成に役立つポジティブな理論

計画的偶発性理論

計画的偶発性理論とは?

今回はキャリア理論の中の代表的な考え方の一つである「計画的偶発性理論/計画された偶発性理論(プランドハップンスタンスセオリー)」についてご紹介しましょう。

スタンフォード大学のジョン・D・クランボルツ教授によって提唱されたこの理論は、「個人のキャリアの8割は予想しない偶発的なことによって決定される」とし、その偶然を計画的に設計して自分のキャリアを良いものにしていこう、というキャリアパスに関するポジティブな考え方です。

「計画された偶発性」理論の背景と基本的な考え方

振り返ると、「必然的な偶然」を感じる出来事はあるはずです

振り返ると、「必然的な偶然」を感じる出来事はあるはずです

20世紀末に発表されたこの理論が米国で注目を集めた背景には、「自分のキャリアは自分自身で意図的に職歴を積み上げて形成するもの」という従来型のキャリア論の限界がありました。

それまでは「自分の興味、適性、能力、周囲の環境などを合理的に分析すれば、目指すべき最終ゴールやそこへ至るステップアップの道筋までが明確になる」はず、と考えられてきましたが、実際にはそうしたアプローチが必ずしも有効とは限らないことが分かってきていたのです。

むしろ変化の激しい時代において、あらかじめキャリアを計画したり、計画したキャリアに固執したりすることは非現実的であり、すべきでない、とクランボルツ教授は指摘します。自分が何をしたいかの意思決定にこだわり、一つの仕事や職業を選びとることは、とりもなおさず、それ以外の可能性を捨ててしまうことに繋がるからです。

「計画された偶発性」理論を実践するための五箇条

「計画された偶発性理論」では、個人のキャリア形成をもっと幅広くとらえ、「キャリアの8割が予期しない出来事や偶然の出会いによって決定される」と考えます。

その予期しない出来事をただ待つだけでなく、自ら創り出せるように積極的に行動したり、周囲の出来事に神経を研ぎ澄ませたりして、偶然を意図的・計画的にステップアップの機会へと変えていくべきだというのが同理論の中心となる考え方です。

これを実践するために必要な行動指針として、クランボルツ教授は次の5つを掲げています。

(1)「好奇心」―― たえず新しい学習の機会を模索し続けること

(2)「持続性」―― 失敗に屈せず、努力し続けること

(3)「楽観性」―― 新しい機会は必ず実現する、可能になるとポジティブに考えること

(4)「柔軟性」―― こだわりを捨て、信念、概念、態度、行動を変えること

(5)「冒険心」―― 結果が不確実でも、リスクを取って行動を起こすこと