人脈の作り方…成功者は知っているその意味とコツ

名刺集めに邁進していませんか?

人脈づくりの達人がやっていること

人脈づくりの達人がやっていること

人生に彩りを与えてくれるのは、人である。

「人脈を増やすには、どうしたらいいのか」「良質な人脈をつくるためには、どうすればいいのか」と、一度は考えたことがあるのではないでしょうか。

憧れの人や尊敬する人、長い間会いたいと思っていた人に会った時、「やっと会えた!」とつい心がはやってしまい、早く仲良くなりたいと思うかもしれません。また、「5分間しか話ができないので、なんとしてでも良い関係を築いておきたい」と事を急いでしまうかもしれません。

皆さんはどうでしょうか? 「上質な人脈をつくりたい」と思った時、どんな行動をとりますか?

異業種交流会や各種イベントやパーティなどに足しげく通うようにするでしょうか? それとも、友人や知人にいろいろな人を紹介してもらうよう努力するでしょうか?

実際、異業種交流会や各種イベントやパーティなどに頻繁に通う人をよく見かけます。参加後、どんな人間関係が形成されたのかを聞いてみると、想像以上に「望んだ結果」を得られていないようです。

異業種交流会や各種イベントやパーティに参加をすれば、「会ったことがある人の数」は実質的に増えるでしょう。初対面の人ばかりで、非日常を感じ、その日は心が踊るかもしれません。

ところが、どうでしょう。こんな経験はありませんか。

「100人の人と会ったけれど、その後連絡があったのは2人だけだった」

「自分の名刺がどんどん減っていくものの、あまりいい人と出会えなかった」

「親しく声をかけてくれた人たちはみんな、営業の人ばかりだった」

「表面上のつきあいはできそうだけれど、興味のある人はいなかった」

「Aさんは最初のアプローチは印象的だったけれど、その後は全く音沙汰がない」

さて、このような会に足を運んでも、良い関係を築けるケースが少ないのは、なぜなのでしょうか?

それは、人脈づくりの発想が、根本的に「コミュニケーションの達人」と異なるからです。

人脈づくりのコツは「外」ではなく「内」に目を向けること

実は「コミュニケーションの達人」と言われる人たちは、異業種交流会やイベント、パーティなどに、むやみやたらに顔を出しません。なぜなら、その多くが時間の無駄だと知っているからです。だから、「参加したほうがいい」と判断したわずかな集まりにだけ、参加するのです。

もしもあなたが「名刺は多くもっていたほうがいい」「人から誘われたらどんな時でも顔を出したほうがいい」「人と会う回数は、多ければ多いほどいい」という思いを持っているなら、今日から考え方を変えてみたほうがいいかもしれません。なぜなら、「コミュニケーションの達人」の考え方と真逆だからです。

こんなエピソードがあります。これは、私が社長秘書をしていた時の上司(社長)がよく言っていた言葉です。

「上質な人脈をつくりたいと思ったら、『外』に目を向けるのではなく、『内』に目を向けること。

多くの人は、『外』にばかり目を向けて、いろいろな人たちに会いに出かけているようだね。それでは、身がもたないよ。

そうではなくて、自分自身に目を向けてごらん。『会ってもらいたい人』に自分がなればいいんだ。そこに、時間とエネルギーを集中しなさい」

会いたいと思われる人になるーーー。

これこそが、「コミュニケーションの達人」の人脈づくりの極意なのです。

まずは「気にかけてもらえる存在」になる

自分の強みを見つけて「気にかけてもらえる存在」になる

自分の強みを見つけて「気にかけてもらえる存在」になる

それでは、「会ってもらいたい人」と思われるためには、どうすればいいのでしょうか。

まずは、周囲から「気にかけてもらえる存在」になることを意識してみましょう。そのためには、内に目を向け、自分の「個」の部分に触れる時間をもってみることです。誰にでも必ずキラリと光るものがあります。

「他の人よりも優れていること」や「周りの人よりも長く没頭して取り組んでいること」などに、自分を輝かせるヒントが隠されているはずです。「自分」らしさを発揮すればするほど、周りの人にも魅力的に映るものです。

たとえば、「iPhoneの最新機種の操作について詳しい」というのは、新しいものを常に身に付けていたいと思う人にとって憧れの対象となるでしょう。また、「段取りが上手い」というのも、そのノウハウが役に立つ情報として多くの人に受け入れられるでしょう。

このように、自分の「好きなこと」や「得意なこと」を探してみてください。自分にとって「当たり前の知識や知恵」であったとしても、他の人にとってはそうでないことが往々にしてあります

これまで、誰かに対して「会いたい!」とラブコールを送ってばかりいませんでしたか? もしもそうであれば、逆の発想を持ちましょう。他の誰かが「あなたに会いたい!」とラブコールを送ってくれる、そんな場面を想像してみてください。

恋愛と同じように、ビジネスにおいても、相手を追えば追うほど、相手は逃げていきます。そうであるならば、自分が「追われる人」になればいい。つまり、周りの人たちが「あなたに会いたい」と思ってくれればいいのです。とてもシンプルな発想ですよね。

自分が魅力的な人になっていくと、自然と周りに人の輪ができるようになります。自分から無理に関係を築こうとする必要がなくなります。すると、よりリラックスして、楽に人間関係を築くことが可能になります。

自分から「会いたい」とお願いする立場から、「あなたに会いたい」と言われる立場になる。この逆転の発想によって、あなたがこれから出会っていく人、付き合っていく人は、大きく変わっていくことでしょう。

もう失敗しない!お酒に弱い人のための宴会マナー

「接待はビジネスの場」だと教わった新人時代

お酒が弱い人の接待マナー

お酒が弱い人の接待マナー

人には、「お酒に強い人」と「お酒に弱い人」がいます。

飲み会や接待の場で、「お酒に強い人」は、その場を楽しめますが、「お酒に弱い人」は、お酒とのつきあい方やその場の雰囲気にどう対処すればいいのか悩みがちです。あなたは、どちらのタイプでしょうか。

大学生までの私は、まさに「お酒に弱い人」の典型でした。お酒の美味しさがわからないどころか、周りの人たちがお酒を飲んでいる環境にも慣れず、お酒のにおいすら好きになれませんでした。「なぜ、みんなはお酒が好きなのか理解できない……」と悩んでいたものです。

ところが、幸か不幸か、私が新卒で入社した会社は商社でした。当時の女性社員は、日常的に接待に顔を出す機会がありました。

「接待」は「ビジネスの場」であるーーー。

そう叩き込まれた商社マンやスタッフといた接待側は、お客様に粗相があっては大変ですから、限度を超えて「酔っぱらう」ことは決して許されません。大学生までの「飲み会」に参加するような意識では、接待には参加できなかったのです。

男性社員には手厚い「接待」に関する研修もあるほど、「接待」は、商社マンにとって重要な位置づけとして捉えられていました。

お酒に弱いなら、まずは小腹を満たす

私が接待に顔を出すのが億劫だったのは、ひとつの理由によります。

それは、「お酒を受け入れる許容量がわからない」というもの。自分がお酒をどのぐらいまで飲んでも大丈夫なのか、心配で仕方がなかったのです。

お酒に弱い私はどうしたのかーーー。

職場の先輩のすすめにより、たとえ時間がなくても接待の前には必ず食べ物を口にするようにしていました。オフィスの机の引き出しには、すぐに口にすることができるものを用意し、時間のある時には、接待前に近くのお蕎麦やに行くこともありました。

そして、いよいよ接待が始まります。

お酒を飲み交わす時間がやってくると、重要顧客である取引先の幹部からお酒をすすめられることがあります。

あなたがお酒を飲むことが苦手だったら、お客様から「このお酒は美味しいよ。せっかくだからあなたも飲んでみなさい」と言われたら、どう対応しますか? 

無理して、相手に合わせて嫌々お酒を飲むでしょうか? 

すすめられたお酒を上手に断るセリフ

上手にお酒を断るセリフがある

上手にお酒を断るセリフがある

もし、「嫌々飲み」という人がいたら、こんなふうに言ってみてはいかがでしょうか。

「美味しいお酒に巡りあえて光栄です。ですが、実は私はお酒が苦手でして……。〇〇さんの感想をぜひ伺いたいです。お願いできますか?」

「美味しいお酒をすすめていただきありがとうございます。ですが、実は私は体質的にお酒があわないようです。ぜひ、〇〇さんのご感想をお聞かせいただけませんか?」

「美味しくお酒をいただきたいのですが、残念ながらお酒音痴でして……。私の分までお酒を楽しんでいただければと思います。少量で結構です。ありがとうございます」

「美酒に酔いしれたいと思う気持ちはございますが、あいにく本日は体調がすぐれませんので、遠慮させていただければと思います。お心づかいありがとうございます」

「物は言いよう」ですから、うまく伝えることで、相手の気分を損ねることなく、気持ちよくお酒を楽しんでもらうことができます。

また、万一、お酒を強くすすめられることがある場合を考慮し、上司や同僚に助け舟を出すようにお願いしておくといいでしょう。

事前に、「もしもお酒を強くすすめられた場合、フォローをお願いします」と上司や同僚など周りの人たちに伝えておき、お酒を強くすすめる人がいたら、合いの手を入れてもらうのです。

「実は、〇〇は、今週体調が優れないようでして」

「実は、〇〇は、明日社内で試験を受けることになっておりまして」

「実は、〇〇は、明日の午前中に、重要なプレゼンテーションを控えておりまして」

「実は……」と切り出されると、人は弱いものです。「そうか、そうか」「そうなのね」と、意外にも簡単に受け入れてもらえます。何か自分にだけ特別なことを耳打ちしてもらった気分になるからでしょうか。

コミュニケーション上手な人は、美しいお酒の飲み方を知っている人です。

お酒の魔力は、侮れません。「お酒に飲まれてしまう」と、その後の人間関係にひびが入ってしまうことがあります。お酒は、人を弱くし、また、人を強くもさせます。「お酒に飲まれない」ために、日頃から会話力を磨いておきましょう。

【上手なアイコンタクト】その効果と苦手な人の対処法

対面で「目のやり場に困る」ことはありませんか?

アイコンタクト

アイコンタクトの重要性

人と話をするとき、どこを見て話すのがいいのだろう、と考えたことはありませんか?

「じっと相手の目を見続けるのは失礼にはならないか?」「視線を外すタイミングはいつがいいのか?」と悩んだことがある人も多いのではないでしょうか。

IT化やAI化が急速に加速するなか、顔と顔を合わせて話をする機会は、めっきり減少しました。いわゆる「対面コミュニケーション」が減ってきているのです。顔を合わせずに会話ができる機会が増え、相手の都合を気にせずに気軽に連絡をとれるという利点がある一方、「メール上では饒舌であっても、実際に人と会うと、うまく話せない」という人も増えているようです。

あなたの周りにも、そういう人はいませんか?

特に、「向い合って話をする時に、目のやり場に困る」という人が多いようですね。さらに、その相手が仲の良い友人ではなく、苦手な人や嫌いな人であると、なおさらどこを見るべきか迷うのではないでしょうか。

相手に与える影響のうち「言葉以外」が9割以上

コミュニケーションは「言葉と言葉の交換」であると考えがちです。ところが、実は、人が話をするときに相手に与える影響のうち、「言語情報」は7%に過ぎないと言われています。

残りの93%は、視覚情報や聴覚情報などの「非言語情報」です。つまり、なたが発する言葉そのものよりも言葉以外の要素のほうがはるかに会話に影響を与えている、ということです。これを「メラビアンの法則」と言います。

アイコンタクトに関するよくある質問

さて、非常に大きなウエイトを占める非言語情報ですが、そのなかで、もっとも大切なのは、何だと思いますか?

それは、「アイコンタクト視線)」です。前述の「目のやり場」や「視線のやり場」を意味します。

も秘書として10名の外国人エグゼクティブを補佐するなかで、会話をする時にいかにアイコンタクト(視線)が重要か、ということに気づきました。

日本でも、「目は口ほどにものを言う」と言われるとおり、「アイコンタクト(視線)」は言葉よりも大切だ、ということを示唆する表現が存在します。

もし、後輩があなたにこんな質問を投げかけたら、どのように答えますか?

「どのぐらい目を合わせて話をするのがいいですか?」

「相手に失礼にならないように視線を外すには、どうすればいいですか?」

「長く話をする場合、どこを見て話し続けるのがベストでしょうか?」

これまでの成功体験に基づき、あなたなりの答えがあることでしょう。それぞれ異なる見解があると思いますが、私はこんなふうにお答えしています。

「あまり頭で考えすぎずに、会話の流れに身を任せてみるといいですよ。会話に集中し、真剣に相手に向きあっていると、自然に視線が適切なところに落ち着きますよ」と。

どうしても困る場合は「眉間のあたり」を見ればいい

アイコンタクトが苦手な場合

苦手な人は眉間のあいだを見る

それでも、「どうしても目のやり場に困ってしまう」という人には、こんなふうにお伝えしています。

「相手の眉間のあたりを見て話をすると、両者とも居心地よく感じられていいですよ」

もしかしたら、「目を合わせるのは10秒以内」とか、「視線を外すタイミングは8秒たってから」といった具体的な回答を期待されていたかもしれませんね。もちろん、ずっと目を合わせ続けたり、視線を外し続けたりしていると、相手は居心地が悪いのは言うまでもありません。

ですが、「具体的に何秒目にこうして、ああして」というルールは存在しません。ですから、相手にとって、また自分にとって、双方が心地よく感じられるタイミングを自ら見つけ出すしかないのです。

それでは、どうやってそのタイミングを見つけ出せばいいのでしょうか。それには、相手の話に誠実に耳を傾けることです。誠実に聞き続けることで、「視線を逸したほうがいい瞬間」や「目を合わせないでおいたほうがいい時」などが自然にわかってきます。

外国人はさらにアイコンタクトを重視する

外国人と話をする時には、なおさらアイコンタクトが必要になります。

私が秘書をしていた外国人エグゼクティブたちは、口々に「なぜ日本人は、そんな目を合わせて話すことを恐れるのか」と嘆いていました。

「恐れている」わけではないにせよ、「偉い人に対しては、目を合わさないよう、伏し目がちに接するのが礼儀だ」という考えをもつ方もいらっしゃるようです。でも、それはちょっと前のマナーであり、現代ではナンセンスではないでしょうか。

これはあくまでも私の見解ですが、「アイコンタクト」とは、「あなたから話を聞きたいです」「あなたの話に興味があります」という「愛」をそっと伝える手段。それが、「アイ(愛)コンタクト」だと思うのです。だとしたら、多くの人に「愛コンタクト」を届けたいと思いませんか?

目と目を合わせて話すことが苦手な方は、前述した「相手の眉間を見る」というのをぜひ試してみてください。ポイントは「ボーッと遠目で見る」ということです。

これは、必殺技とも言えるほど効果があります。特に苦手な人や嫌いな人と話をしなければならない時に、この方法を試してみてください。

話をするうちに、しだいに気が楽になっていく自分に気づくでしょう。

2020年には東京オリンピックが開催されます。世界中から国籍の異なる外国人が来日します。たとえ外国語を話すのが苦手であったとしても、アイコンタクトだけは忘れないようにしましょう。

相手の目を見て笑顔を添えるだけで、Welcome to JAPAN!(日本にようこそ)」という気持ちが相手に伝わりますよ。