10日以上続く!スペインのクリスマスの過ごし方

激太り覚悟!のスペイン流クリスマス

イルミネーション

町中を彩るイルミネーション

日本では、ハロウィンが終わった途端にクリスマスムードに突入しましたが、カトリック教徒が多いスペインでも、今の時期は、町中にイルミネーションが輝き、クリスマスツリーとデコレーションがに心躍る季節です。

日本のクリスマスは、恋人達のイベントとしてのロマンチックな側面がありますが、スペインでは、家族が集まる家庭的なイベントです。子供がいる家庭だけではなく、普段なかなか合わない遠縁の親戚までも一堂に会し、クリスマスから年明けまで、長い時には10日以上飲み食べし続けるため、スペインに暮らす人にとってクリスマスは”激太り覚悟”で過ごさなければなりません。

スペインの子どもは2度プレゼントをもらえる

スペインのクリスマスは、クリスマスイブである12月24日、noche buena(チェ ブナ)で始まります。この日には、家族が集まり、pavo(ボ、七面鳥)やmariscos(マスコス、魚貝)を食べて祝います。

近年、スペインでも12月25日は子供たちがプレゼントを受け取る日として商業的に宣伝され、根付いてきましたが、本来、スペインの子どもたちは、1月6日のDía de los Reyes Magos (デア デ ス ジェス ゴス、東方三賢人の日)にプレゼントをもらってきました。

そのため、最近は、2回プレゼントをあげる家庭も増えています。12月25日に新しいおもちゃをもらえばクリスマス休暇中に遊べ、1月6日にプレゼントをもらえば、翌日から始まる学校で友達に新しいおもちゃを自慢できる……。家によっては、12月25日は両親から、1月6日は祖父母から、など役割分担をしているようです。

スペインのクリスマス市は”人形市”

ジオラマ

クリスマス市のジオラマ人形

ヨーロッパの国々では、この時期、街の中心のplaza(プサ、広場)に設置されるクリスマス市が大きな楽しみとなっていますが、スペインも例外ではありません。

ただ、スペインのクリスマス市は、ホットワイン、ハムやソーセージなど温かい食べ物の屋台や、手芸品の販売がある中央ヨーロッパとは大分異なり、家庭に飾るbelén(ベン(「ベツレヘム」の意味、ジオラマ)のための人形だけを売っていることが多いのです。

ジオラマ2

目移りするほど種類がある

また、スペインでは、なぜか食べ物の屋台を見かけることが少なく、せっかく寒い中出掛けて行っても、暖かい飲み物や食べ物は近くのバルに行かなければありつけません。

スペインでは、1930年代の市民戦争時の飢えと貧困のイメージと、その後の経済的復興の誇りの両面が国民心理に深く根付いており、街中で買い食いするというのは貧しく不衛生な時代を思い起こさせるため屋台が好まれない、という見方もあるようです。