朝日の奇妙な訂正・おわび記事 – BIGLOBEニュース

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア

朝日の奇妙な訂正・おわび記事 – BIGLOBEニュース – BIGLOBEニュース

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア

慰安婦合意の見直し勧告 国連委、日韓両政府に – BIGLOBEニュース

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア

慰安婦誤報で辞任の「朝日」前社長、大学に再就職 教える歴史認識 – 日刊アメーバニュース

 日頃から「天下り」を舌鋒鋭く批判する大新聞でも、朝日では“慰安婦誤報”に関わった者は大学へと身を転じるのが得意らしい。記事を執筆した記者の清田治史氏、植村隆氏は退社後、大学教員を一度は経験しているのだ。翻って3年前、慰安婦報道等の敗戦処理を誤って表舞台から姿を消した木村伊量前社長(63)もまた、この春から大学に再就職を果たしたという。

 ***

 東京・赤坂御用地にほど近いタワービルの一角にあるのが、国際医療福祉大学大学院乃木坂スクールだ。

 ここで木村前社長は、4月10日から特任教授として週1回教壇に立っている。

 大学の広報担当者が言う。

「ワシントンやヨーロッパ総局にいらした経験もあり、幅広い知見をお持ちの木村先生に、国際的な視点からお話を戴きたい」

 そう太鼓判を押される彼だが、そもそもは慰安婦報道と原発の吉田調書問題での誤報を認め、朝日新聞社長を引責辞任した人物である。

「朝日では社長を退くと顧問として社に残るのが慣例です。木村さんも、当初はそれに従い社の再生に力を注ぐ意欲を見せていましたが、OBで構成される旧友会の反対に遭って頓挫してしまいました」(朝日OB)

 2年前には兼務していたテレビ朝日の取締役も退任。昨年1月から半年間は、イギリスのセインズベリー日本藝術研究所にてシニア・フェローを務めたが、いったい何を教えるというのか。

〈わたしたちはどこへ向かうのか〉と題された公開講座は、半期15回で受講料は3万9000円。案内資料には、〈近代の西欧や日本の思想家、科学者たちの歩みをたどりながら、現代に生きるわたしたちが直面する課題をさまざまな角度から考える〉と記されている。

■「帰って勉強しないと」

 2回目の講義があった17日、木村センセイはこんな話を教室で披露した。

「コカ・コーラはグローバリゼーションの飲み物だといわれますけど、フランスの国民戦線のマリーヌ・ルペンさんの父、ジャン・マリー・ルペンさんにお会いしたことがありまして。とにかくコーラを離さない。アメリカを“帝国主義者め”と言っている人が、ずっと離さない。これが均質化したマーケットが広がっていく世界の実像なんです。そのシステムの先駆けが、今日のテーマのコロンブスとマゼランですね」

 朝日お得意の自虐史観はおくびにも出さず、こうも言う。

「自分では“ミレニアムジャーナリズム”をやろうかなと。この500年を振り返り、あと500年、といったって何年、生きられるかわかりませんが、少し長いスパンで僕らの文明や社会における核の問題、北朝鮮の危機をどう考えればいいのか」

 半島情勢には言及しても、お詳しい筈のあの問題には触れず仕舞い。先々の授業計画を見ても慰安婦を巡る「歴史認識」を扱う様子は窺えないのだ。

 授業を終えた木村氏を直撃すると、

「若い人に何か伝えることが嬉しくて、ホッブズの『リヴァイアサン』を原書で読み直していますが、目がショボショボ。1回の授業に備え準備には十数時間を費やしていますから、また帰って勉強しないと」

 英国紳士のようにハットを被るその姿は、社長時代と比べ、憑き物が落ちたかのように見えるのだった。

ワイド特集「花の命は短くて」より

「週刊新潮」2017年4月27日号 掲載

【関連記事】
慰安婦誤報の植村隆、「辺野古座り込み」を新たな食い扶持に
慰安婦像をクレーン車で撤去したい 慰安婦問題を作った男「吉田清治」の長男が語る
安易にヒトラーの名前を出す大メディアの問題点 青山繁晴・百田尚樹の「大直言」対談④
名誉顧問、名誉会長…なぜ「偉い人」は会社に居続けるのか?
「6歳で従軍」で大炎上! 10億人が視聴する中国共産党「洗脳番組」のデタラメ