フランス語検定(仏検)5・4・3級合格の学習ポイント

仏検の5級から3級までの学習ポイントを解説

フランス語検定(仏検)

フランス語検定(仏検)の級別学習ポイント

フランス語関係の検定では、ダントツの人気を誇る実用フランス語技能検定試験(仏検)。フランス語検定5~3級の問題傾向と学習ポイントをおさえて、ぜひともチャレンジしてみましょう。「仏検ってどんな試験なの?」という方は、まずは、記事『今こそフランス語検定にチャレンジしよう!』をご確認ください。

5級の傾向と学習ポイント

  • 目安となる勉強時間:50時間以上
  • 語彙:550語
  • 特に押さえておきたい学習ポイント:冠詞・形容詞の変化・動詞(直接法現在形)・家族関係、月、曜日などの基本単語

仏検5級は、学習を始めたばかりの方が初めてチャレンジするのに最適な試験です。とはいえ、フランス語は動詞の活用や名詞の性別など、覚えなければならないことがありすぎて大変という方もいらっしゃるかもしれませんね。しかし、5級はコツを押さえて効率よく勉強すれば、わずかな勉強時間でも合格可能です。

例えば、「まだまだボキャブラリーが少ない」という方でも、冠詞指示形容詞所有形容詞を選ぶような問題であれば、(    ) petits chiensのような形式になるので、名詞が男性形か女性形(eで終わる名詞が多く出題)か複数形(基本はsで終わる)かを正確に判断できれば、選択問題で正解を導き出すことができます。

つまり、単語の意味がわからなくても正解が導き出せるようになっているのです。例題の場合は、形容詞、名詞共にsで終わっているので、複数形と判断できます。

また、動詞の活用も、活用を書かされる訳ではなく三択ですので、例えば主語がnous(私たち)であれば-onsで終わる動詞というふうに、-er動詞不規則動詞の直説法現在形の活用語尾を覚えておけば大丈夫。

記事『非効率なフランス語動詞の覚え方にサヨナラ』で、フランス語検定5・4級合格に必要な動詞の覚え方を紹介していますので、ぜひご活用ください。

さらに、聞き取りの問題も含めて、基本的な疑問詞と答え方に必要な単語を覚えることが合格への必須条件となります。

4級の傾向と学習ポイント

  • 目安となる勉強時間:100時間以上
  • 語彙:920語
  • 特におさえておきたい学習ポイント:冠詞の縮約形・代名詞・前置詞の使い方・動詞(近接未来、近接過去、複合過去、半過去、単純未来、代名動詞)

5級の内容にプラスして、冠詞の縮約形代名詞について問われる問題が登場します。前置詞についての知識も必要となってきますので、基本的な意味はしっかりおさえておきましょう。

動詞の活用に関しては、現在形の活用語尾さえ覚えておけば対応できていた5級と異なり、過去や未来といった時制を含む直説法の動詞の活用を覚えることが求められます。

筆記は求められませんが、je(私)の活用語尾で例を挙げれば、単純未来であれば -rai、半過去であれば-aisという風に、変化した動詞を見てどの活用であるかを見分けられるようにしておきましょう。

5級で紹介した記事に加えて、以下の動詞に関する記事も参考にして効率的な学習を行ってください。

・『「スキンヘッドにしちゃった」って言える?』(代名動詞)

・『過去分詞は音で覚えればラクラク!』(複合過去)

また、4級になると単語もしっかり勉強する必要が出てきますので、1000語程度の簡単な単語学習用のアプリや参考書を上手く活用するといいでしょう。さらに、100以下の数字は聞き取れるようにする必要があります。簡単に得点源になりますので、必ず練習しておきましょう。

次ページでは、3級の検定概要と学習ポイントをお知らせします。

フランス語で「ありがとう」メルシー以外もある言い方

フランス語でありがとう

フランス語の「ありがとう」は、Merci です。

一番シンプルでわかりやすい言い方ですが、Merci、Merciとワンパターンでは、ちょっと味気ないこともあるでしょう。ここでは、ワンランク上の Merci を目指して、Merci に一言付け加えたり、ちょっと変化球の「ありがとう」を紹介します。

なお、ここで紹介するのは、いずれも面と向かって、相手に言うお礼です。

Merci の度合い

Merci に「誰々(=感謝する人)」と、名前を加えることで、より丁寧になります。
Merci, Jean-Pierre メるシー、ジャン ピエーる
Merci, Anne メるシー、アンヌ

どうもありがとう

イメージ画像

プレゼントには、感謝の気持ちをあらわしましょう

Merci bien. メるシー ビヤン
Merci beaucoup. メるシー ボクー

ほんとうにありがとう
Merci mille fois.  メるシー ミル フォア
Mille mercis. ミル メるシー
Merci infiniment.  メるシー アンフィニモン
Grand merci. グらン メるシー
Merci à vous. メるシー ア ヴ

「ありがとう」に付け加える

次は、してくださった厚意や行動などに対して、言葉を添えたい場合です。

「~(に対して) ありがとう」
Merci pour ~ メるシー プーる

と、pour を使います。には感謝の対象(物)がくると考えていただくとわかりやすいでしょう。

※同様の使い方で、Merci de ~ と、de を使った言い方もありますが、混乱を避けるためにここでは除外します。

・プレゼントをありがとう
Merci pour votre cadeau.  メるシー プーる ヴォトる カドー

・本をありがとう
Merci pour le livre. メるシー プーる リーヴる

イメージ画像

Merci pour la fleure. お花をありがとう

・メールありがとう
Merci pour ton mail. メるシー プーる トン メイル

・おもてなしありがとう
Merci pour votre accueil.  メるシー プーる

・手伝ってくれてありがとう
Merci pour ton aide.  メるシー プーる トンネッド

・いろいろありがとう
Merci pour tout.  メるシー プーる トゥー

フランス人はハロウィンが好き? 嫌い?

フランスのお墓参り事情

chry
庭に植えられたカラフルな菊の花

フランスでは、11月1日はToussaint(トゥサン/万聖節)の日。フランス語で解説すると、「Fête de tous les saints」(諸聖人の祝日)となりますから、Tous(トゥ/全て)+Saints(サン/聖人たち)=Toussaintと覚えましょう。

このカトリックのお祭りの日は、フランスではun jour férié(祭日)になっており、イメージとしては完全に日本のお盆。 TNS sofresが行った2003年の調査によると、66%のフランス人がこの時期にles défunts(レ デファン/故人)をしのび、58%の人が花を供え、また47%の人がお墓参りをするとのことです。

一方、残りの3分の1の人たち、とりわけles jeunes cadres urbains(都会に暮らす若手のエリートたち)は、とりたてて何もしないとか。この数字、いずこも同じという気もしますが、あなたはどんな風に感じられますか?

ところで、お墓参りの花といえばフランスでもchrysanthème(クリザンテ-ム/菊)。最近では、少しずつ菊に対する「お墓参り」のイメージはうすくなってきて、カラフルな色彩の花々が市場に並ぶようになりました。Toussaintの時期には、至るところで菊の花が売り出されます。

ちなみに、花言葉は、Blanc vérité(けがれなき真実)、花が黄色ならAmour amoindrit(失われゆく愛)、赤ならJe t’aime(愛してる)らしいですよ。

HalloweenとToussaintの新旧勢力争い

poti
同じお庭には、かぼちゃの姿も。

さて、先ほどのToussaintが、死者を弔う静かなお祭りだとすれば、その前日である10月31日におこなわれるHalloween(アロウィーン/ハロウィーン)はどちらかと言えばお祭り騒ぎ。

フランスでは、もともとHalloweenをお祝いする習慣はありませんが、1990年代頃から徐々に浸透。McDonald’s(マクドナルド)、Euro Disney(ウーロ ディズネ/ユーロ ディズニー)と並んで、アメリカ発の悪しきコマーシャリズムのフランスへの侵略として、批判の種になってはいるものの、子どもたちの心をすっかりとらえてしまったという点では、先の2つに肩を並べます。

地味なToussaintとは対照的に年々存在感を増しつつあるHalloween。この2つが微妙な勢力争いをしながら共存しているというのが、現在のフランスの状況です。では、フランス人の胸のうちをちょっとのぞいてみることにしましょう。

次ページでは、フランス発:Halloweenを好きな理由をお届けします。

フランス語検定(仏検)準2級・2級・準1級・1級とは?

futsuken

仏検上級ってどんな内容?

フランス語関係の資格試験の中では一番人気のフランス語検定(仏検)。準2級以上の中級・上級試験は難しそう、というイメージが強いかと思いますが、試験を受けなくても、その内容を知ることはフランス語の実力を上げていくために必要な勉強法のヒントになります。

今回は、仏検準2、2、準1、1級の試験概要を知ることで、フランス語中級・上級の世界をのぞいてみましょう。

初学者から受けられる仏検5~3級が気になる方は、記事『フランス語検定(仏検)5・4・3級合格の学習ポイント』を参考にしてください。

音と綴り字の関係を完璧にしたい 準2級

目安となる勉強時間:300時間以上
語彙:2300語

日常生活での簡単なやりとりができるレベルになるのが準2級です。3級までも聞き取りの試験はありましたが、全体的に文法知識の総まとめといった感のある3級に対し、口頭の発信能力が問われ始めるのが準2級からになります。

実際のところ、この級から、口頭面接が二次試験として加わります。しかし、口頭試験の方はイラストを見て答えるような問題ですので、パターンを暗記し数回練習すればそれほど難しくはないでしょう。

さらに、口頭試験の影に隠れてあまり準備されないことが多いのですが、「書き取り」の試験が登場するのも準2級からです。口頭試験の練習より時間をかけて取り組みたいのは、どちらかといえばこの「書き取り」の練習。フランス語は、ある程度勉強が進んでくると音声で綴りが比較的容易に想像できる言語です。この段階で、綴り字記号の使い方を含め、音と綴り字の関係を完璧にしておくと2級へのステップアップが比較的楽になります。また、「言い換え」の問題も出てきますので、類義語をまとめて覚える習慣をつけるといいでしょう。

参考記事:

アクサンとお近づきになる

綴り字記号ともっとお近づきになる

日常会話や時事的な文章にも慣れていきたい 2級

目安となる勉強時間:400時間以上
語彙:3000語

日常生活で踏み込んだ内容でなければ、たいていのことがこなせるようになるのが2級レベルです。このあたりから、どんどん「使えるフランス語」を意識していきましょう。文法学習ではなく、日常会話でよく使われる表現や、言い換え表現などボキャブラリーをどんどん増やしていきましょう。日頃から、フランス語のニュースを聞いたり、仏仏辞典を積極的に使いこなしましょう。以下の記事を参考に、音声の勉強と仏仏辞典の使用を習慣づけてください。

参考記事:

ものぐさでも大丈夫!ニュースフランス語を勉強しよう

フランス語学習の最強ツール仏仏辞典を使いこなそう!

次ページでは、準1級・1級の試験概要をお伝えします。