源泉徴収票を紛失したら?再発行するための手続きは?

源泉徴収票をなくしたら、まずは職場に再発行を依頼

源泉徴収票は確定申告の必須書類です。手元になければ素早く対処しましょう

源泉徴収票は確定申告の必須書類です。手元になければ素早く対処しましょう

「確定申告の書類を作ろうと思ったけど、源泉徴収票が見当たらない!」、なんてことは結構あるのではないでしょうか。

特に年の途中で退職した人は、確定申告の時期まで日数があいてしまうため、紛失することも多くなります。

こんな場合は、職場(年の途中で退職していた人は、退職した職場)にお願いして、源泉徴収票を再発行してもらいましょう。しっかりと従業員情報や給料の情報を管理している職場であれば、すぐに再発行できるはずです(源泉徴収票は市区町村や税務署で発行しているものではないので、お間違いないように)。

また、所得税の還付を受けるなどのケースで、過去の年分をさかのぼって確定申告する場合があります。このときにも、会社員であればその年の源泉徴収票が必要となります。

とはいっても、その年の源泉徴収票ですらなくすことがあるのに、2、3年前のものなんて、もらったかどうかも……、という人も多いかもしれません。

こんなときでも、労働基準法上は給与関係書類の最低保管期間は3年間なので、3年分の源泉徴収票は出してもらえるはずです。所得税の還付は5年分可能ですが、5年前の源泉徴収票となると「応相談」ということになるでしょう。

源泉徴収票を再発行してくれないときは?

「そもそも源泉徴収票を発行してくれない」。ごく一部には、こんな職場もあるかもしれません。だからといって、確定申告する以上はすべての所得を申告する必要があり、源泉徴収票がないからといって、その分を申告せずに済むわけではありません。

会社にお願いしても埒が明かなさそうな場合、まずはその年の1月1日から12月31日までに支払いを受けた分の給与明細の数字を合計して、確定申告書を作りましょう。もし、どの数字を合計すればいいか分からない場合は、税務署の窓口で相談しましょう。

また、あわせて「源泉徴収票不交付の届出書」という書類を税務署に提出します。これはどうしても源泉徴収票を発行してくれない場合に税務署に提出する書類です。

源泉徴収票不交付の届出書に関する国税庁サイト

では、給与明細すらもらっていない場合はどうでしょう。これは、所得税に定める給与明細書の交付義務違反です。この場合は、給与明細をもらっていないことも「源泉徴収票不交付の届出書」に記載して税務署に提出します。この場合は、源泉徴収されている所得税額も分からないでしょうから、その後の対応も税務署と相談して決めることになるでしょう。

もらっていたお金がそもそも給料ではなかったら?

源泉徴収票が発行されないもう一つの理由として考えられるのは、もらっていたお金がそもそも給料扱いされていない、ということです。フルコミッションで働く保険や不動産の営業の場合、もらうお金は給与ではなく事業所得となります。フルコミッションの契約であれば、契約が取れなければもらえるお金も0円です。最低賃金もありますし、このケースでは給料扱いはできませんよね。

フルコミッションではなくても、給与の支払者側で請負業務として扱っている場合があります。本人は給料として受け取っているつもりでも、支払い側は給料ではなく外注費として払っている、というケースです。

この場合、源泉徴収票は発行されません。代わりに「支払調書」という似た紙がありますが、これは源泉徴収票と違って必須ではありません。なければ自分で集計して申告すれば大丈夫です。

この場合、年末調整を受けていないため、確定申告の義務が生じます。自分は給料だと思っていたのに違う名目で受け取っていたことになると、ここでも確定申告の義務が発生します。さらに、給与所得の場合に受けられる最低65万円の給与所得控除も受けられないなど、まさに踏んだり蹴ったりの状況です。

この場合は確定申告の時点で判明しても時すでに遅しです。こうしたことを防ぐために、働き始める際の契約段階でしっかりと確認しておきましょう。

【関連記事をチェック】
源泉徴収票とは?その見方をチェック

配偶者控除と配偶者特別控除の違いとは?

配偶者控除…103万円の壁・平成30年からは制度変更も

今回は、正社員で働いている夫のA夫さんと、パートで働いている妻のB子さんの夫婦を例に見ていきましょう。A夫さんには、給料以外の収入はないものとします。

B子さんはパートで働くにあたって、A夫さんが配偶者控除を受けるために「103万円の壁」を意識しています。

配偶者控除とは、年間の給料額面(手取りではありません)の合計が103万円以下の場合、配偶者側で38万円の所得控除が受けられるという制度です。

103万円には通勤手当は含めません。また、不動産収入など、ほかの所得があれば合算します。今回は話を簡単にするため、B子さんの収入はパートの給料のみとします。

B子さんが1月1日から12月31日の間に支払いを受ける給料額面を103万円以下であれば、A夫さんは勤め先の年末調整において、所得から38万円を引くことができます。仮にA夫さんに適用される所得税率が10%なら、3万8000円の所得税が軽減されます。さらに、住民税にも適用されますので、同様に10%の税率であれば、計7万6000円の税金が軽減されます。

また、B子さんは収入が103万円以下ならば、所得税は0円となります。

このように、配偶者控除を受けると、A夫さんの所得税は軽くなり、B子さんの所得税は0円になります。

ただし、平成30年分以後は、A夫さんの稼ぎ次第で注意を要します。

  • A夫さんの年収が1,120万円以下なら38万円
  • A夫さんの年収が1,120万円超1,170万円以下なら26万円
  • A夫さんの年収が1,170万円超1,220万円以下なら13万円

上記がA夫さんが受けられる配偶者控除の金額となります。この場合、B子さんの年収をどれだけ低く抑えても関係ありません。高所得者に対しては配偶者控除の適用が抑制されることになったのです。

なお、配偶者控除を受けるには、年末調整の際に「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」に配偶者の住所・氏名・見込みの所得・マイナンバーなどの情報を記載します。

配偶者特別控除…「141万円の壁」

103万円ぎりぎりで勤務時間を調整してきたB子さんですが、年末の繁忙期に働きすぎたため、年間収入が110万円になってしまいました。これでは103万円を超えているため、配偶者控除は受けられません。

それでは、A夫さんが受けられる控除が完全になくなるかというと、そうではありません。B子さんの給料が141万円に達するまでは、特別に控除を受けられるのです。これを配偶者特別控除といいます。

配偶者特別控除の金額は、以下の表の通りです。段階的に控除額が目減りしていき、141万円に達すると0円となります。

配偶者特別控除を受けるには、年末調整の際に「給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書」に、配偶者の住所・氏名・見込みの所得などの情報を記載します。配偶者特別控除を受ける場合、配偶者のマイナンバーは必要ありません。

配偶者特別控除の控除額

配偶者特別控除の控除額

B子さんの収入は110万円でしたので、A夫さんの配偶者特別控除の額は31万円です。この場合、先ほどと同じくA夫さんの所得税率、住民税率がともに10%とすれば、税金の軽減額は6万2,000円となります。税金の軽減額は1万4,000円少なくなっていますが、B子さんの収入が7万円アップしています。B子さん本人の所得税と住民税を考慮しても、世帯収入としては4万円程度アップするでしょう。

基本的には103万円にこだわらずに働いたほうが、世帯収入がアップすることが多いです。ただし、年収130万円(従業員501人以上の会社で週20時間以上働くなら年収106万円)を超えるようだと健康保険や厚生年金の加入義務が発生しますし、収入アップは労働時間もそれだけ長くなる可能性が高くなることを意味します。

世帯収入を最大にしつつ、社会保険料を払いたくないという場合は、月収10万円(従業員501人以上の会社で週20時間以上働くなら月収8.8万円)を目安にするとよいでしょう。

平成30年に配偶者特別控除も大改正される

平成30年、配偶者控除の改正とあわせて配偶者特別控除の改正も行われます。この改正によって、これまで配偶者控除の影に隠れて、あまり目立たなかった配偶者特別控除が主役になるかもしれません。

これまでB子さんの年収が103万円(厳密には、配偶者特別控除の金額は、配偶者の年収が103万円超105万円以下までは配偶者控除と同額なので105万円)を超えるとすぐに目減りが始まっていた配偶者特別控除ですが、平成30年からはB子さんの年収が150万円に達するまでは、配偶者控除と同じく、

  • A夫さんの年収が1,120万円以下なら38万円
  • A夫さんの年収が1,120万円超1,170万円以下なら26万円
  • A夫さんの年収が1,170万円超1,220万円以下なら13万円

が配偶者特別控除の金額となります。

つまり、控除の名前は変わっても、妻の年収150万円までは配偶者控除も配偶者特別控除も同額の控除を受けられるようになります(妻の年齢が70歳以上の場合、配偶者控除のみ金額が上乗せされます)。これが平成30年から新たにできる「150万円の壁」です。

社会保険の「130万円の壁」は残ったまま

B子さんの年収150万円までは控除の金額が変わらなくなるわけですが、もう一つ忘れてはならないのが、「130万円の壁」です。

社会保険の被扶養者の基準は「年収130万円以下」です。

所得税は毎年1月1日から12月31日の間に得た収入で判定するのに対し、社会保険は向こう1年間の見込み年収で判定するという違いはありますが、B子さんが毎年140万円の収入の見込みがある場合は、社会保険においてA夫さんの扶養に入ることはできません。保険料負担の増加とともに、健保組合を中心に扶養に入るための審査は厳しくなっています。

結局のところ、新たに「150万円の壁」ができても、「130万円の壁」を越えようとする方は少ないかもしれません。

生命保険料控除とは?証明書の意味と申告書の書き方

生命保険料控除…所得税を計算するとき、一定額を所得から控除できる制度

医療保険や介護保険、個人年金など個人で生命保険を契約している方はたくさんいるでしょう。生命保険料控除は、所得税の計算上、生命保険料を支払っている方の所得から、一定額を控除できる制度です。

生命保険料控除は、厚生年金保険や健康保険などの公的制度で賄いきれない部分を自助努力でカバーしようとする方への特典、といえます。

生命保険料控除を受けるために必要な書類は2つ

年末調整のときに会社から渡される紙は2種類あります。

一つが、「給与所得者の扶養控除等(異動) 申告書」で、もう一つが「給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書(以下申告書)」です。このうち、生命保険料控除で使用するのは後者です。

そして、生命保険料控除を受けるために必要な書類がもう一つ。それが、毎年10月ごろに保険会社から届く「生命保険料控除証明書」(以下控除証明書)です。

この紙に、生命保険料の金額など控除を受けるための重要情報が記載されています。申告書は失くしても会社で再発行してもらえますが、控除証明書は再発行に時間がかかりますし、再発行しない保険会社もあります。各自でしっかりと保管し、届いていない会社があればすぐに問い合わせて確認しましょう。年末調整のときに証明書が手元にないために確定申告するハメになった、なんてことにならないようご注意を。

多くの場合、控除証明書には2つの数字が書いてあります。一つは発行時までに支払った金額(一般証明額)です。もう一つが、そのまま年末まで払い続けた場合に支払うであろう合計額(一般申告額)です。こちらは「参考額」などと書かれている場合が多いでしょう。

控除証明書は、年末調整に間に合わせるよう10月ごろに発行されるため、このように見込み額として年間支払額を記載するのです。では、年末調整ではどちらの数字が必要かというと、参考額(=一般申告額)の方です。所得同様、保険料も年間支払額で計算するので、年末までに加入している前提で参考額をベースに計算します。

生命保険料控除申告書を書いてみよう!

控除証明書が手元にあれば、生命保険料控除申告書を書くことができます。以下の図を参考に見ていきましょう。

保険会社の名称や保険等の種類、保険期間、保険料等の金額(先ほど書いたように12月31日まで支払った場合の金額です)は控除証明書の記載をそのまま転記すればOKです。万一、年末前に保険を解約し、年末までの支払予定額が変わってしまう場合には、実際の金額を記載します。

また生命保険は、計算上3つの区分があります。
一般の生命保険料介護医療保険料個人年金保険料の3つです。保険契約の内容次第でどの区分に分けられるのか決まりますが、実際は保険会社が区分けして控除証明書に記載してくれるので、それに従えば大丈夫です。申告書に記載するときの欄を間違えないようにしましょう。

その他の記載にあたっての注意点は次の通りです。

  1. 保険等の契約者の氏名は通常本人ですが、「夫が妻の保険料を負担している」といった場合は、妻が契約者の保険も夫名義で申告できます。結局「誰が保険料を負担しているか」によって控除を受けられる人が決まるのです。ただし、自分以外が契約者の場合でも、「2」の受取人の要件は満たしておかなければなりません。

  2. 保険金等の受取人は、本人・配偶者・その他親族(父母や子や孫、その他6親等以内の血族と3親等以内の姻族)に限られます。この範囲以外の人が受取人となっている場合は、生命保険料控除が受けられないため、ここは重要なポイントです。続柄までしっかりと記入しておきましょう。受取人は控除証明書に書いてない場合もあるため、保険証券等で確認しましょう。

  3. 一番意味が分かりにくいのは、「新・旧」の区分ではないでしょうか。この項目は税金側の事情で設けられています。簡単にいうと、平成24年以後に契約した保険を「新」、それ以前の契約分を「旧」と呼んで所得控除の計算を分けています。

とはいっても区分自体は控除証明書に記載されていますし、計算式は申告書に載っていますので、控除証明書の記載通りに書けば大丈夫です。ちなみに扶養控除申告書と違って、生命保険料控除申告書にはマイナンバーは不要です。

(保険料控除申告書のうち、生命保険料控除に関連する部分です。実際は、配偶者特別控除申告書等も兼ねていますので、記載欄はもっと多岐に渡ります)

(保険料控除申告書のうち、生命保険料控除に関連する部分です。実際は、配偶者特別控除申告書等も兼ねていますので、記載欄はもっと多岐に渡ります)

生命保険料控除の金額はいくら?

生命保険料控除は、支払った保険料が全額控除されるわけではなく、決められた式で計算された金額分が所得から控除できます。ここは健康保険料や厚生年金保険料が全額控除できるのとは異なる点です。

計算式は、申告書上に載っていますので、それに従って計算することになります。新保険料と旧保険料で計算式が分かれている点に注意しましょう。

生命保険料控除額の上限は12万円です。ただし、介護医療保険料を支払っていない場合は上限が10万円となります。上限を超えると、いくら生命保険料を支払っていたとしても、所得控除の金額は同じです。

例えば、計算の結果、生命保険料控除額が8万円となったとします。この場合、所得税率が10%なら8,000円の所得税減となります。さらに住民税(税率は10%)とも連動しますので、合わせて1万6,000円の税負担減です。

計算するのは結構面倒ですし、控除証明書だけ会社に提出して、あとはお任せという方も多いと思います。ただ、自分の所得税の負担額にかかわる部分でもありますし、およそいくらの控除を受けられるか程度は把握しておきましょう。

【関連記事をチェック】
年末調整でよく聞く、配偶者控除と配偶者特別控除とは
扶養控除等(異動)申告書の目的と書き方
配偶者特別控除申告書の目的と書き方
地震保険料控除の書き方・記入例

年末調整しても還付金が少ない・戻ってこない理由

年末調整は、会社が行ってくれる確定申告のようなもの

年末調整で戻り金が少ないのは?

年末調整で戻り金が少ないのは?

まず、年末調整について簡単に見ていきましょう。

会社員でも個人事業主でも、所得税は毎年1月1日から12月31日までの所得をベースに計算されます。

個人事業主は、毎年の売上と費用を集計して、その差額を所得として確定申告します。一方で、会社員の給料は会社側で集計できるので、会社側が税金を計算してくれます。その作業を年末調整と呼んでいるのです。いわば会社が確定申告を代行してくれるようなものです。

具体的には、年末にその年の最後の給料やボーナスの額が確定した時点で、その1年間の給料とボーナスの合計額をベースに所得税(以後Aとします)を計算し、毎月の給料やボーナスから天引きした源泉所得税の合計額(以後Bとします)を差し引きます。

Bの額がAより多ければ、天引きしすぎていたことになるので、年末調整によって所得税が還付されます。逆にAの額がBより多ければ、年末調整時に追加天引き額が上乗せされます。

「還付金が少ない・戻ってこない理由」その1…年の途中で扶養人数が減った

年末調整で精算額がほとんどないのはどんなケースでしょうか?

それは、1年を通して、配偶者やその他の子などの被扶養者が全く変動せず、かつ生命保険料や地震保険料、住宅ローンなどの控除が全くない場合です。

月々の所得税の天引き額は扶養人数も考慮した上で決められていますので、扶養人数に変動がなく、年末調整で配偶者控除や扶養控除以外の控除がなければ、精算額はあっても数十円程度です(実際には、ボーナス支払いの有無や被扶養者の年齢などで、多少戻ってくる場合もあります)。

では、年の途中で妻(又は夫)が働き始めて、年収が103万円を超えた場合はどうでしょうか。

例えば、妻が7月から毎月20万円の月収で働いた場合、年収は120万円となり、その年は夫の扶養から外れます。しかし、1~6月の夫の給料からの所得税の天引き額は妻が扶養に入っている前提で計算されています。

つまり、年末調整時点では、妻が扶養から外れた分だけ、Aの額よりBの額が多くなってしまうのです。この結果、年末調整で税金を追加天引きされます。

このように、年の途中で扶養人数が減れば、その分年末調整で追加天引きされることもあり得ます。妻の年収が一定の場合には、配偶者特別控除とがありますが、配偶者控除に比べれば控除額は下がるので、配偶者控除を前提に天引き額を計算していた場合、年末に配偶者特別控除に切り替わればその分所得税は追加天引きとなります。

とはいっても、実際は生命保険料控除や地震保険料控除などを受ける方も多いので、年末調整で追加天引きされるケースは珍しいかもしれません。

「還付金が少ない・戻ってこない理由」その2…処理間違い

これは単なる事務的なミスですが、扶養から外れた旨を会社に届け出たのに未処理だった、という場合が考えられます。この場合もその1と同様に、扶養に入れている前提で会社が毎月の天引き額を計算しているため、毎月の天引き額が過大となってしまいます。その他の所得控除の金額がない、もしくは少ない場合は、年末調整で追加天引きが行われることがあるでしょう。

子どもの年収が103万円を超えていた!扶養している子の収入はしっかり確認を

学生で一人暮らしをしている子どもを扶養に入れている場合、親も知らない間にアルバイトで毎月10万円くらい稼いでいたらどうでしょうか。

この場合、年収が103万円を超えるので、本来親の扶養には入れられません。しかし、親もそこまで働いていることを知らずに扶養に入れるよう届け出て、会社もその通りに処理したとします。

この場合、年末調整では本来受けられないはずの控除を受けていることになります。税務署側が把握すれば、正しい税額の決定や追加納付などの手続きが取られます。

マイナンバーで収入の把握は容易になっている

住民税の計算のため、毎年会社から各市区町村に「誰にいくら給与を支払ったか」という報告が行われます。その報告には「マイナンバー」も記載されます。この報告をもとに、自治体から税務署に情報の提供が行われます。これまでは、住所や氏名から突き合わせていたデータも、マイナンバーを使えば住所などが一致していなくても確認できます。このため、本当に扶養親族に該当しているのかも、これまで以上に容易につかめるのです。

子どものアルバイト先から市区町村に提出された報告書で年収103万円超なのに親の扶養に入っていれば、扶養人数過剰となり、親側は追加徴収の対象になります。「寝耳に水」の連絡が来ないよう、親は子どもの年収をしっかり把握しておきましょう。

桁区切りと千円単位の読み方、3,000千円どう読む?

千円単位は、ビジネス独特の数字の書き方

ビジネス資料の千円単位はどう読む?

ビジネス資料の千円単位はどう読む?

会社の決算書や社内レポートの数字などを見ると、表の右上あたりに数字の単位が書いてあることがあります。

たとえば、「単位:千円」と書いてあれば、「表の数字は後ろに0を3つくっつけて読んでください」ということです。

数字が「3,000」でレポートの単位が「千円」であれば、その数字が示すのは「3,000千円」、つまり「3,000」に「000」をくっつけた「3000000=300万円」ということになります。

読み方もそのまま「さんびゃくまんえん」です。ここで、間違っても「さんぜんせんえん」と読んではいけませんよ。

大きな会社の決算書になると、「単位:百万円」のようなときもあります。これは、書いてある数字の後ろに0を6つくっつけて読むことになります。

日常生活では、「○○万円」「○○億円(億円になると日常とは言えないかもしれませんが)」のように、万・億・兆……の単位で数えることが普通です。この場合は、0が4つごとなので、ビジネスの場で3桁区切りになるとちょっと混乱してしまいますね。特に新卒の方などは最初のうちは慣れないかもしれません。

3桁区切りがグローバルスタンダード

なぜビジネスの世界では3桁区切りとなっているのでしょうか?

これは、英語の桁区切りが3桁であることに合わせているためです。

英語では、数字はThousand(1,000)、Million(1,000,000)、Billion(1,000,000,000)のように、3桁区切りとなっています。

決算書は世界の投資家にとっても重要な情報ですし、外国の人と英語で打ち合わせをする際も共通フォーマットである3桁区切りのほうが話がしやすいでしょう。そのため、日頃のお金の単位とずれてしまっても、英語に合わせて3桁区切りでの記載を行っているのです。

ちなみに、戦前は今ほどにはビジネスもグローバルではなく、桁区切りも日本の数字の単位に合わせて4桁での表記が行われていたようです。10,000円ではなく1,0000円といった具合です。

資料作成のときは気を付けよう

社内資料を作成するときに数字を入力する場合には、次の3つのことに気を付けましょう。

1. 単位をしっかり確認すること。

単位が「千円」なのに、1,000,000円を100千円と書いてしまったら、そのズレは実に10倍。大変なことになってしまいます。

2. 全角と半角を統一すること。

ビジネスの場では、半角数字が好まれます。半角と全角が混ざっているような資料は見栄えもよくないのでどちらかに統一しましょう。

3. カンマを必ず入れること。

カンマを入れないと、読み手が瞬間的に数字を把握できないので、3桁ごとのカンマは必須です。私も新入社員のときに、カンマを入れるよう上司に注意されたことがありました。確かにカンマがない数字は非常に読みにくいので、上司の気持ちも分かります。

PowerPointやWordであれば、数字を変換すれば3桁区切りの候補がでてきます。Excelの場合は、図のように、ホームタブの「,(カンマ)」のマークを押せば自動的に3桁区切りになります。

Excelの場合は、図のように、ホームタブの「,(カンマ)」のマークを押せば自動的に3桁区切りに

Excelの場合は、図のように、ホームタブの「,(カンマ)」のマークを押せば自動的に3桁区切りに