中小企業診断士1次試験:難易度を踏まえた対策は?

中小企業診断士1次試験は7科目のマークシート方式。その合格基準は?

イメージ画像

1次試験を攻略するには?

中小企業診断士試験の難易度、合格してわかるその実態でも述べたとおり、1次試験の合格率は20%程度となっています。

中小企業診断士1次試験の目的は、その試験案内に明記されているとおり、「中小企業診断士になるのに必要な学識を有するかどうかを判定すること」です。

つまり、経営コンサルタントとして必要な知識を習得できていることを確認する試験という位置づけです。

経営全般の幅広い知識を保有することが求められているため、受験科目数は7科目で、いずれも100点満点です。

合格基準は「総点数の 60% 以上であって、かつ1科目でも満点の 40% 未満のないことを基準として、試験委員会が相当と認めた得点比率」となっています。

これをシンプルに捉えると、全ての科目において40点以上、1科目平均60点以上取れれば合格できるということです。

合格基準は3つの要素に分解できる

合格基準として明記されている「総点数の 60% 以上であって、かつ1科目でも満点の 40% 未満のないことを基準として、試験委員会が相当と認めた得点比率」を3つの要素に分解すると、以下のとおりです。

・総点数の 60% 以上

他資格等保有による科目免除がなければ、通常は7科目受験をすることになるので、総点数で420点(科目平均は60点)


・1科目でも満点の 40%未満 がない

総点数が420点を超えても、1科目でも40点未満(=30点台以下)になれば不合格。これを俗に足切りという


・試験委員会が相当と認めた得点比率

→ 通常、総点数の60%は各科目60点、7科目では420点となるが、受験者全体の得点水準を勘案し、変更となる場合がある。例えば、平成28年度においては、以下の2点の変更があった

  1. 総点数の59%以上
  2. 経営情報システムについて4点を加算

以上の合格基準から見ても、目指すべきは1科目平均60点、総点数では、

7科目:420点

6科目:360点

5科目:300点

4科目:240点

3科目:180点

2科目:120点

1科目:60点

となります。

このように、1次試験は絶対評価的な要素が強い試験であると言えます。

全科目で60点を狙うのは得策ではない?

中小企業診断士1次試験は、決して簡単に合格できるものではありませんが、戦略性を持って対策をとるか否かがその結果に少なからず影響を及ぼすことになります。

1次試験の7科目は、

・経済学・経済政策

・財務・会計

・企業経営理論

・運営管理

・経営法務

・経営情報システム

・中小企業経営・政策

となっており、あらゆる分野にわたっているため、受験者自身のこれまでの知識や経験が活かされる科目とそうでない科目、学習効率がいいと感じる科目となかなか理解が進まない科目などに分かれるケースがほとんどです。

したがって、全科目で均一に60点を目指すよりも、得意・不得意を踏まえて、現実的に達成可能な科目ごとの目標設定をした上で対策を積むことが、合格可能性を高めることに繋がるのです。

もっとも留意すべき落とし穴は、“足切り”による不合格

多少の苦手科目があっても、他の得意科目でカバーできる点が中小企業診断士試験制度の良いところではありますが、一方で、極端な苦手科目を作ってしまった場合のリスクが大きい点には注意が必要です。

1科目でも40点未満を取ってしまった場合には不合格ですから、仮に7科目の総点数で大幅に合格基準を上回る450点を取ったとしても、その中に30点台が含まれていれば、また翌年度ということになってしまいます。

したがって、どんなに苦手な科目があったとしても、40点台後半以上を目標として取り組むことが望ましいでしょう。

科目ごとの難易度の推移にも注意が必要

中小企業診断士1次試験は、科目ごとの相対的な難易度(他の科目と比較した時の難易度)の推移も注目されています。

その傾向を掴めるデータとして、「科目受験者数・科目合格者数」が毎年発表されています。

平成29年度の1次試験においては、以下のとおりです。

統計資料

平成29年度1次試験統計資料より

科目合格者数に試験合格者は含まれてはいませんが、科目ごとの相対的な難易度は把握できます。

科目合格者数がもっとも少なかった「運営管理」は難しく、科目合格者数がもっとも多かった「経営情報システム」は比較的易しかったと捉えることができます。

この科目ごとの難易度も、年度ごとに変化するうえに、科目によって変化の激しい科目と安定している科目があるので、目標設定をするときには過去のデータを参考にしたいところです。

どの年度においても、十分な対策を積んでいても60点以上を得点することが難しい科目が含まれる一方、70点以上の高得点が見込める科目も用意されています。

したがって、合格するために重要なことは、試験時間内に受験科目の難易度を見極められるスキルを身につけて、難易度に合わせた柔軟な時間配分ができるように準備しておくことなのです。

中小企業診断士試験の問題が難しく感じる理由は、単純な基本知識を問う問題が少ないこと

中小企業診断士1次試験は、テキストの丸暗記で合格できる試験ではありません。

専門用語知識の有無を試すような空欄穴埋め問題形式は少なく、4つか5つの選択肢の中から「最も適切なもの」や「最も不適切なもの」を選ばせる形式が多いのです。

さらに、文章問題のみならず、図表やグラフを使った問題、ケース問題や会話形式の問題など、出題のバリエーションも様々であることから「なんの知識を試されている問題なのか?」を冷静に判断する能力も必要です。

中には暗記要素の強い科目も存在しますが、読解力や応用力を身につけるためのアウトプット学習を重視した対策を取ることが基本です。

受験者の中には、2次試験に2回不合格して1次試験から再受験する人も一定数含まれますが、その全員がまた1次試験に合格しているわけではありません。

過去に一度受かっていても、試験傾向を踏まえた十分な対策をしないと合格できないのが現実です。

裏を返せば、1次試験の出題傾向を踏まえた適切な対策を取れば、ストレート合格や短期間合格も可能なのです。

企業診断 2017年 12 月号 [雑誌]

中小企業診断士試験の難易度、合格してわかるその実態

中小企業診断士試験の相対的な難易度は?

イメージ画像

中小企業診断士試験は、やっぱり難しい?

近年注目度の高い中小企業診断士資格ですが、やはり気になるのは、その難易度ではないでしょうか。

あらゆる資格講座を提供する資格の学校TACでは、目安として難易度をランク付けしています。

それによれば、公認会計士のようなもっとも難しい試験は星5つ、中小企業診断士試験は星4つで、社会保険労務士と同程度となっています。

決して片手間に勉強して合格できる試験ではありませんから、中小企業診断士試験制度や合格要件を踏まえたうえでの、適切な対策が必要です。

合格のためには、3つの試験をクリアすることが必要

中小企業診断士試験は、8月上旬に1次試験、10月下旬に2次筆記試験、12月中旬に2次口述試験が実施されます。

・マークシート方式で、7科目で構成されている1次試験

・筆記方式で、事例企業4社についての分析力や助言能力を試される2次筆記試験

・筆記試験で出題された事例問題について、面接方式で助言能力を試される2次口述試験

これらの試験をすべて通過して、初めて中小企業診断試験合格者を名乗ることができます。

試験制度の仕組みや中小企業診断士登録までの流れは、中小企業診断士試験の実施団体である(一社)中小企業診断士協会のサイトなどに説明がありますが、以下では、統計資料などからは把握できない中小企業診断士試験の難易度の実態について、ご紹介します。

中小企業診断士試験の合格率は4%って本当?

中小企業診断士1次試験の合格率は、年度によって波があり16~26%程度となっていますが、大まかに20%前後で推移しているといえます。

1次試験合格者のみが受験できる2次試験の合格率も、17~25%程度と、やはり20%前後の推移になっています。

1次試験の平均的な合格率20%に、2次試験の平均的な合格率20%を掛け合わせた数字が、中小企業診断士試験の合格率は4%程度といわれる根拠です。

この4%という数字だけを捉えてしまうと、「100人中4人しか受からない試験に合格できる自信がない」と、大半の方が思うのではないでしょうか。

私は、受験生時代まで遡ると中小企業診断士試験に携わるようになって10年以上たちますが、様々な合格者を見たり、体験談を聞いたり、一度だけですが1次試験の試験監督をする機会に恵まれました。

これらの経験からいえることは、実態としての難易度は、それほど高くないということです。

なお、合格率を含む中小企業診断士試験の統計資料は、こちらから閲覧できます。

 誰でも受験できる1次試験は、必ずしも合格を目指す人ばかりではない

中小企業診断士の1次試験には、科目合格という制度があります。

合格基準となる60点以上(正確には、満点の60%を基準として、試験委員会が相当と認めた得点比率)を得点できた科目については、受験申し込みの際に申請することにより、翌年度と翌々年度の受験が免除されます。

したがって、独学者を中心に、最初から7科目すべてでの合格を狙うのではなく、3年間で2~3科目ずつ科目合格を狙う方法を選ぶ方が少なくありません。

そのような方々は、自分が合格を狙う科目だけ受験し、他の科目は欠席するため、1次試験自体は不合格となります。

また、それほど勉強をしていなくても記念受験する方や、翌年度の1次試験に向けて学習を始めたばかりの方が、本試験の雰囲気を味わうために受験するケースもあります。

以上のことから、1次試験は、合格する前提で対策を積んだうえで受験する方にとっては、それほど高いハードルではないといえるでしょう。

中小企業診断士試験の本丸は、2次筆記試験

誰でも受験できる1次試験とは異なり、2次試験は1次試験合格者のみが受験できる試験です。

さらに、1次試験の合格年度と翌年度の2回続けて2次試験に不合格になると、再度1次試験から受験しなおすことになります。

2次試験は、1次試験とは異なり科目合格制度もありませんから、マイペースに何年もかけて合格を狙うこともできません。

2次試験には、先にご紹介したように筆記試験と口述試験がありますが、口述試験は筆記試験合格者だけが受験でき、その合格率は99~100%です。

2次口述試験はコミュニケーション能力を試す試験だといわれており、筆記試験通過者発表日の9日後に実施されますが、この間にしっかりと対策をとればまず不合格となることはありません。

よって、中小企業診断士試験の本丸は、2次筆記試験です。

受験生の誰もが合格するための対策を積んで、本気で2次筆記試験の会場に向かうのです。

合格率だけを見れば、1次試験と2次試験は同程度ですが、その実態は大きく異なります。

全体の合格率が4%だとすれば、ストレート合格者はほとんど存在しないのではないかということになりそうですが、実際は毎年多くのストレート合格者が誕生しているのです。

中小企業診断士試験攻略ガイド 待ってろ、診断士!

中小企業診断士とMBA、経営を学ぶ両者は何が違う?

中小企業診断士とMBAは、なぜ比較される?

イメージ画像

中小企業診断士とMBAは、なにがどう違うの?

社会人がスキルアップを目指して学習を始めようとする時、さまざまな国家資格などを比較して検討することも多いでしょう。

「経営全般の知識を学びたい」という目的で探したときに、候補として挙がるのが、中小企業診断士MBA(Master of Business Administration=経営学修士)の2つです。

両方とも、あらゆる経営知識を体系的に学べるという共通点があるからです。

もっとも、中小企業診断士経営知識を浅く広く習得するのに対し、MBA経営戦略や意思決定などマネジメントに関連した学習領域に重点が置かれているため、特定の領域を掘り下げて学習していくという違いがあります。

中小企業診断士は資格、MBAは学位

中小企業診断士国が認定する経営コンサルタント(国家資格)ですが、MBAはビジネススクール(経営学大学院)を修了すると与えられる経営学修士(学位)です。

経営に関する知識全般を学ぶことから、経営戦略、マーケティング、人的資源管理、アカウンティング、ファイナンス、オペレーションマネジメント、経済学、ビジネス法務などを学びます。ただし、MBAは学位なので、ビジネススクールごとにカリキュラムや難易度が異なります。

欧米を中心とした有名大学をはじめとする様々な教育機関では、ビジネススクールに設置されたコースとしてMBA課程を開講しています。

MBAコースには、大学受験でいう偏差値のような基準として、国際認証機関の認証があります。MBAコースの格付け機関である国際認証機関は世界的に有名な組織が3つあり、これらの認証を多く受けているMBAコースほど権威があるといえます。

日本においても、大学やその他の社会人向け教育機関において、MBAコースを開講していますが、国際認証機関に認証されているビジネススクールはわずかです。

学歴重視の考えによれば、大学受験と同じように「どこのMBAコースを選択するか」が重要な要素になります。

一方で、中小企業診断士は国家資格であるため、登録している者はすべて、経営コンサルタントとして一定の要件を満たしていると見なされます。

中小企業診断士は誰でも受けられる、MBAは社会人経験が必要

中小企業診断士の1次試験は、誰でも受験できるため、受験者層が幅広いのが特徴の1つです。

MBAの受験資格は、世界的な暗黙のルールとして「社会人経験3年(5年以上を推奨)」というボーダーラインが存在します。その意味は、社会人経験を有する人材である方が、MBA教育による恩恵を受けやすいということです。

学位であるMBAは、修士論文もあるため、学問としての掘り下げも必要です。実態としては、MBAの受講者層は20~30代が中心です。

 

中小企業診断士は経営コンサルタント、MBAは経営幹部の養成プログラム

中小企業診断士は、経営コンサルタントとしての幅広い知識が求められており、1次試験は7科目(経済学・経済政策、財務・会計、企業経営理論、運営管理、経営法務、経営情報システム、中小企業経営・政策)で構成されています。

1次試験合格者のみが受験資格を得ることができる2次試験は、中小企業が抱える課題を解決する事例問題が出題されるため、知識に加えて論理的思考力や分析力が必要になります。

1次試験後に養成課程に進むケースもありますが、その場合は診断実習を繰り返し受講することにより、実践的なスキルが身につきます。この点はMBAに近いと言え、養成課程コースの中には、同時にMBAの取得を目指すものもあります。

MBAは、経営幹部にとっての企業経営に必要な知識やスキルを習得できますが、学校ごとにカリキュラムが異なり、それぞれの特色を持っているため、講義やケーススタディ・ケースメソッドの内容はそれぞれです。
中小企業診断士と異なり、比較的大企業を事例としたケースが多いようです。

取得に要する期間は?

ここでは、国内ビジネススクールのMBAコースと比較します。

MBAコースの取得期間は、1~2年程度です。

中小企業診断士は試験であるため、その学習期間には個人差がありますが、概ね1~3年かけて取得される方が、ボリュームゾーンとなっています。中には、半年程度の短期間学習で合格する方も、いらっしゃいます。

資格学校のカリキュラムで学習するのか、独学なのかといった学習スタイルによっても、合格に要する期間は異なります。

取得費用には大きな差がある

国内MBAコースの修了に要する費用は、200万~400万円程度が目安となります。国公立は比較的安く、私立の方が高い授業料となっています。

中小企業診断士の取得費用は、学習期間によって個人差はありますが、仮に、資格学校の通学講座で1年間学習して合格した場合に要する費用は、以下の通りです。

  • 学費(30万円程度)
  • 受験料(1次試験:13,000円、2次試験:17,200円)
  • 実務補習(15万円程度)

合計 50万円以内

独学の場合は、学費は教材費や模試の受験料程度に収めることができるため10万円以内で済み、トータル30万円以内が目安となります。

一般的には、中小企業診断士取得に要する費用は、2次試験を受験せず養成課程に進む場合を除けば、MBA取得に比べてかなり低くなるでしょう。

診断士とMBA比較表

多面的に比較検討してみましょう

企業診断 2017年 10 月号 [雑誌]

中小企業診断士の資格、独学でも合格できる?

中小企業診断士試験対策、学習スタイルは多様化している

イメージ画像

独学という選択肢は、あり?

中小企業診断士に限らず、資格取得を目指す際には、自身に合った学習スタイルを選択することが重要です。

基本的には、以下の4つの中から選ぶことになるでしょう。

1)資格学校の通学講座

2)資格学校の通信講座

3)資格学校以外の通信講座(資格学校を利用しないという意味で、一般的には、独学に含まれるケースが多い)

4)独学

特に、近年の中小企業診断士試験対策コンテンツにおいては、資格学校に所属するプロ講師以外の合格者が提供する、安価な通信講座や学習教材、セミナーなども豊富に揃っており、さらには、ブログなどネット経由で、様々な合格者が発信する情報をもとにして学習を進める受験生も、一定数存在します。

このように、中小企業診断士を目指す受験生が選択できる学習スタイルは、多様化しています。

中小企業診断士を目指す独学者は増加傾向

2000年代まで、受験生の学習スタイルは、上記の

1)資格学校の通学講座

2)資格学校の通信講座

4)独学

の3択が主流でした。しかし、2010年代に入ってから、資格学校以外の通信講座や、独学者向けの学習教材が充実し始めた影響で、独学者層が拡大しました。そのことにより、独学合格者数も徐々に増加しています。

中小企業診断士試験には、マークシート方式の1次試験と筆記・面接形式の2次試験がありますが、特に1次試験合格においては独学者の割合が多くなってきています。

実際に独学でも受かるのか?

中小企業診断士試験は、特殊な知識がないと合格できない試験ではないので、いずれの学習スタイルを採用しても合格する可能性はあります。「独学だと受かりにくい」とも、一概には言えません。

とはいえ、独学者の合格可能性には、個人差があります。

独学でも受かる人はどんな人?

独学に限らず、通学・通信講座での学習においても言えることですが、合格する大前提として、学習を継続し、実際に受験するところまでたどり着かなければなりません。

しかも、余程の予備知識がない限り試験直前の短期間学習では間に合わないので、ストレート合格を狙うにしても1年程度の学習期間が必要です。

つまり、学習継続のためのモチベーション管理や日々の学習の習慣化スキルなどが重要なのです。

これらのスキルを持ち合わせているかどうか、スキルを発揮しやすいかどうかは、以下のような条件によって異なります。

・他資格の受験経験の有無

・勤務時間や繁閑の波など、仕事の状況

・生活習慣

・家族構成

他資格の受験経験のある方は、ある程度学習ノウハウを有しており、日常的に必要な学習時間を確保することにも慣れています。自分に合った信頼に足る教材を選定するノウハウも概ね持っていることでしょう。

また、日常的に残業があって帰宅時間が遅かったり、出張が頻繁だったり、繁閑の波が激しかったりすると、自らをコントロールして計画的に学習することは困難になるでしょう。

残業が少なく早めの時間に帰宅できる方は学習時間を確保しやすい反面、晩酌や趣味などにこれまで時間を費やしてきたのであれば、その生活習慣をガラリと変える必要があります。

そして、意外と見落としがちなのが、家族から理解を得ることの重要性です。家族の協力なくして、合格するために必要な学習量を確保することは至難の業なのです。

このように、ご自身を取り巻く制約条件との兼ね合いによって、合格確率は異なってきます。

  • 他資格保有者など教材選びのコツを知っていて自分に合った学習スタイルを確立できている方
  • 日々の学習時間を確保しやすいライフスタイルの方
  • 家族からの協力を得て、自宅でも学習環境を整えられる方

などが独学に向いていると言えるでしょう。

独学の最大のメリットは、費用が安く済むこと

私も中小企業診断士受験を考え始めた当初は独学で勉強しようと思い、書店の資格コーナーに出向きました。理由は単純で「教材費だけで済むので安上がりだ」と考えたからです。

ひとまず、1次対策用のテキスト・問題集・過去問題集などを揃えるには6~7万程度あれば、賄えます。

また、ライフスタイルに合わせて自分のペースで学習を進めることができる点も独学ならではのメリットです。

地域によっては、合格者の有志がノウハウを伝えるための勉強会やセミナーなども開催しているので、参加してみて情報収集や仲間づくりをしてみるのもよいでしょう。

独学のデメリットは、効率性が高まりにくいこと

費用をかけずして、自由に学習できる点が魅力の独学スタイルですが、やはりデメリットもあります。資格学校の講座利用と比較して明確なのは、学習効率が高まりにくい点です。

例えば、「テキストの内容の習熟度」「学習の優先度」「テキストに掲載されている基本知識が実際の試験ではどう出題されるのか」などを、どれだけ把握して学習計画や進捗管理に落とし込めるか、という点が効率性に影響します。

それらを伝えるのが資格学校の講座であり、利用している受験生の大半は「講師がもっている合格に必要なプロのノウハウを買っている」と言えるでしょう。

実際に、講義終了後には講義の内容のみならず、自宅での学習方法なども含めた質問者の列ができます。

独学では、理解が進まないとそこで立ち止まってしまうケースがままあります。

また、教材選びも重要な要素ですが、残念ながら、すべての教材が最新の出題傾向を反映した信頼できるものとは限りません。

ネット上にもでたらめな情報が混在しているのも、事実です。

「ポジティブな独学」という選択を

独学という学習スタイルは、「お金がかからないから、独学」と費用面のみを考慮して決めるのではなく、ご自身の状況と照らし合わせた上で、「自分には独学スタイルが合っているから」とポジティブに選択すべきです。

そうでないと、結局は挫折してしまい、実際に受験するまでも続かないのです。

以下は、学習スタイル別の比較表です。

学習スタイル比較表

自分に合った学習スタイルを選びましょう

こちらの比較表に示すように、れぞれの学習スタイルのメリットとデメリットを比較してみましょう。

そのうえで、自分自身の制約条件(予算・取得目標年度・年間の学習可能時間など)を考慮して、最適な方法を選択することが重要なのです。

中小企業診断士試験攻略ガイド 待ってろ、診断士!